社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2017,08,22, Tuesday 03:18 PM


8月17日(金)

6時起き。押入れから馬頭琴を取り出し、1回弾いて松脂を塗る。プロジェクターがなかった時のことを考えて、A3とA4の写真をバタバタと用意、不揃いだがしょうがない。岩塩も用意。

7時に出発。今日は久々の出前講座。しかしちょっと不安。いつもなら講座の責任者から事前に電話連絡が来て、打ち合わせして講座を実施するが、今回は事前連絡がなかった。きのうこちらから電話したが、不在。人数や対象者や持ち時間などは融通が利くが、駐車場の件やプロジェクターが使えるかどうかは確認しておきたかった。

八木山バイパス、322号線を通って、9時すぐに近くのコンビニで時間調整。スライドの順番を確認。気持ちを落ち着けて、南小倉アンビシャス広場へ。

さっそく悪い予感が的中。駐車場が用意されていない。障がい者用以外は満車。事務所の人に言って、障がい者用の駐車スペースに入れるように言われて、不本意ながら、そこに車を入れた。すぐに別の人から、「障碍者の方が駐車できないので早く出してください。」と言われ慌てて車を移動。少し開いていたスペースに何とか駐車。こちらが悪いわけではないが、何だか罪悪感を感じる。

講座は10時にスタート。小学1年から3年生まで約50人が畳の広場にすっぽり収まった。まずは末永さんの韓国事情。言葉や歌や民族衣装など多彩で子供たちも楽しそう。
続いて僕の番。プロジェクターはやはりなかった。これはある程度予想していたので、出る前に催事で使うA3とA4の写真パネルで対応。しかし6枚程度しかなく満足の行くパフォーマンスはできない。植林のビフォーアフターや岩塩のところでは盛り上がってくれたし、馬頭琴のぎこちない「きらきら星」もインパクトあり。それなりの手ごたえはあった。また一つ応用力が身についた気がした。

休憩をはさんで流しそうめんを子供たちと一緒に頂いた。楽しいく美味しい。なかなかこんな体験はできない。終わりよければすべてよし。最後は気分よく会場を後にした。

帰りは合馬の山道を通って遠賀川から犬鳴峠へ。景色を堪能しながらドライブを楽しんだ。

時々ゲリラ豪湯に合いながら。ウエストカフェで少々作業。18時に帰宅。夜はオルドス家で教え子たちとの再会が控えていた・・・。(つづく)

| 講演 | 03:18 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,08,07, Monday 05:19 PM


8月7日(月)
バンベン一家は8月下旬、佐賀県小城市に引っ越すことになりました。その経緯について数回に分けて語ります。
---------------------------------------------
今年に入ってから、妻とよく「バンベン一家の棲家」について話をするようになった。

病気がちの息子、健のためにもっと自然豊かなところに住めないか。
プチ農業をやってみたい。
九州で一極集中が進む福岡市、成長続けるアジアの拠点都市福岡市。確かに住みやすい。だからといってみんなが福岡市に集まってしまうと他の地域はどうするのか。九州の中の地域間格差はなくす方向の流れを作りたい。福岡市から離れ、自然に恵まれた環境で、新たな働き方・生き方を創り出したい・・・。

幸いバンベンの仕事はネットがあればどこでもできる。何のしがらみのない、自由の身、遊牧民みたいにいろんなところを彷徨って生きていくのも面白そう。

ただ健のことを考えると一定の歯止めが必要なのかもしれない。
健が小学生になる前に定住する場所(健が巣立つまでの)を決めよう。僕も妻も転校を繰り返していて、その都度つらい思いをしてきた。そして「自分の故郷」と言い切れる明確な場所がない。健には「自分の故郷」をしっかり持っていてほしい。それまではいろんな可能性を試せる。

あれこれ引っ越し先を考える日々。いろいろ想像するだけでわくわくする。しかし実現するには「資金」という高いハードルが・・・。バンベンのビジネスは少しずつ売上は増えているが超低空飛行。それまでの貯金を少しずつ切り崩してやり繰りしてきた。結婚して共働きになって少し余裕が生まれたが、健が生まれてからは再び出費が増えてきた。飲み事出事を極力減らして無駄な経費を削っているのが現状。引っ越しどころではない。バンベンのビジネスが飛躍的に伸びなければ、引っ越しはできないのか・・・。あと何年かかるだろうか・・・。そうしているうちに健はどんどん大きくなっていく・・・。

そんな時に地域おこし協力隊をやっている人の話が聞けた。地域おこし協力隊の名前は知っていたし、友人も何人か隊員として活動していたが、具体的な業務内容や生活ぶりを聞いたことはなかった。僕としては青年海外協力隊の国内バージョンをイメージしていたが、実際の活動はかなり自由、専門性がなくでもできる、家族で移り住むこともできる。これはいいかも。僕はバンベンの仕事があるので無理だが、妻は子育ての負担が軽くなればできるかも。
ということで3月から妻の「求職活動」が始まった。

現実はそれほど甘くなかった。まず大分の某市の農業関係の協力隊募集に応募。二次面接まで行ったが惜しくも落選。農業に精通した人が受かったようなのでこれは仕方がない。

5月には佐賀の某町の6次産業化関係の協力隊募集に応募。この時は追加書類を求められた挙句に書類審査で落とされてしまった。落選の原因がわからない。学歴?文書能力?家族がいるから?・・・。この時妻は相当落ち込んでいた。

なかなかバンベン一家を受け入れてくれる地域は現れない。そんな時見つけたのが、佐賀県が募集していた「地域ッズサポーター」子育て世代と地域を結ぶコーディネーター。うちも現役の子育て世代。支援してもらいたいくらいだが、逆に言うと子育ての苦労も喜びも共有できる。子育てイベントに使えそうなネタをいろいろ持っている。地域にうまく溶け込むことができればいい活動ができるかも。

微かな希望。妻は張り切って即応募。書類審査を無事突破して7月初旬に佐賀県庁で面接。1週間後に合格通知。任地は小城市との事。家族で祝杯を挙げた。
単なる憧れであったバンベン一家の田舎暮らしが一気に動き出した。(つづく)


| 自分のこと | 05:19 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,07,14, Friday 04:20 PM




7月10日(月)

今日は10時半から出前講座。会場が家の近くということもあり、家族で散歩がてら出かけた。

今年1月と5月に続き、「プサンキリスト教大学ソーシャルビジネス視察福岡ツアー」に参加している学生35人を対象とした「塩を売って緑を買う男の話」。

毎回好評のようで同大学のツアーが福岡に来るたびに講演を依頼される。有難いことだ。

今回は大学院生ということで社会人も多く年齢も幅広い。隊員時代のエピソードから砂漠化の恐怖、緑化の取り組み、塩ビジネスなどいつものように淡々と話を進めていく。

通訳の李さんは前回も担当していただいたので、テンポよく訳してくれてとてもやりやすかった。

韓国でも黄砂の被害は年々激しくなっているとの事。いつか韓国にも砂漠緑化ビジネスのパートナーを作りたい。


| 講演 | 04:20 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,06,28, Wednesday 06:02 PM


6月25日(日)

8時半、家族3人車で宗像まで。9時半に暮らしのカフェ村茶乎(むらちゃこ)さんに到着。メイクハッピー&ピースさん主催の「田植えから学ぶいのちの授業」に参加。
僕は何回かこの田植え体験に参加したことがあるが、今回は田植え未体験の妻の要望で参加、ということで僕は健ちゃんの子守に徹した。

雨の予報も出ていたが、幸い曇り空。時々薄日が差して暑いくらい。家族連れや大学生など参加者が一列に並んで規則正しく植えていく。妻も田んぼのヌルッとした感覚を楽しんでいる。

その間、僕は健ちゃんに田んぼのヌルッとした感覚を味わってほしくて、また田んぼのオタマジャクシなどの生き物を見てもらいたくて、田んぼの隅っこに入れようとするが、怖がって頑として入ろうとしない。都会っ子丸出し。

年上のお友達がカエルが入った虫かごを見せてくれた。虫かごを持ってしばらくじっとカエルを観察。その後、虫かごをブンブン振り回し始めた。カエルがのびてしまうので、お友達に返したら、大声で泣き出す。そしたらほかのお友達がわざわざ健ちゃんのためにカエルを捕まえてくれて、大感激。大学生とも遊んでもらって興奮状態。そうこうしているうちに田植えも終了。妻も満足した様子。

村茶乎さんに戻って、お待ちかねの昼食。おにぎりとみそ汁と野菜。おにぎりにはバンベンのモンゴル岩塩が使われている。シンプルだけど美味しい。肝心の健ちゃんは昼食を待ちきれずに眠ってしまった。

田植え体験、生き物探し、自然満喫、美味しいご飯・・・。老若男女楽しめるイベント。次は秋の稲刈り体験に参加したい。健ちゃんもちょっとは成長しているかもしれない。


| イベント、催事 | 06:02 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,06,22, Thursday 05:17 PM


6月18日(日)

11時に出発。いつの模様に高速は使わず、国道、県道を駆使して14時前に門司港着。うちの商品を扱っていただいている「ティールームセンガク」さんにて商品の補充と精算。

その後関門トンネルを通って下関へ。県道34号線を快走。この道はカーブがゆったりとしていて風光明媚で走っていて本当に気持ちいい。左折するところを間違えてしまったらしく、道幅の狭い山道に入り込んでしまった。一応国道だが、道が狭く急カーブが続く。ひやひやしながら通り抜け、だいぶ遠回りして17時前に道の駅「蛍街道西ノ市」に到着。

4月のアースデイ関門の時に車中泊をしたところ。その時、6月に「ホタル船」を運行するということを聞いて再びやってきた。

実は5月に予約しようと思ったら、すでにどの日も満席。6月に入ってダメもとでもう一度電話したら、最終日(18日)の最終便に2人キャンセルが出たとの事。ラッキーだった。

20時50分集合だったのでまだまだ時間がある。道の駅の温泉に入ろうと思ったが露天風呂が修理中ということで、近くの一の保温泉観光ホテルへ。ちょうど宿泊客は食事の時間なので露天風呂を独占状態。ぬるめのお湯にゆっくり浸かってリフレッシュ。それから道の駅の近くのスーパーで総菜やつまみやビールを買ってイートインコーナーでゆっくり夕食。

スーパーを出ると辺りはすっかり暗くなっていた。道の駅に戻って20時50分にバスに乗り込む。木屋川の船着場で下車。一帯は天然記念物にも指定されているゲンジボタルの生息地。待合室で待機。健ちゃんはホタルのゆるキャラに遊んでもらってご満悦。

9時半、いよいよ乗船。もうすでにホタルが飛び回っている。定員25名ほどの素朴な船。ゆったりとした竿さばきで進んでいく。この日がホタルのピークらしく、幾千万のホタルが黄色い光を点滅させながら乱舞している。それが水面に映って光の中を彷徨っている感じ。最近はLEDを使ったイルミネーションが人気だが、この自然の光のショーには勝てない。

健ちゃんのそばにホタルがやってきた。しばらく漂っていたが、健ちゃんが掴もうとした瞬間に逃げて行ってしまった。その後も健ちゃんは小さく「ワーッ」と声をだしながら、幻想的な景色を目に焼き付けていた。

船頭さんの語りがまたいい。27年間続くホタル船の歴史、ホタルを守るための取り組み、そしてそれが青少年育成や地域おこしにもつながっている。船頭さんが熱く語れば語るほど、「そうだ!そうだ!」と歓声を上げるようにホタルたちが懸命に光を放つ。

最後にハーモニカで「ふるさと」の演奏。そして「これが今年最後の船。明日から久々に子供たちと晩御飯が食べられる」と安堵の表情を見せていたのが印象に残った。町の有志たちの手作りのイベント。これからもずっと続けていってほしい。そして健ちゃんが10才くらいになったらもう一度「ホタル船」に乗せてあげたい。今日のことは覚えてないだろうが、どんな感想が聞けるか、楽しみだ。

*ホタル船の動画は「蛍ミュージアム」のHPでご覧いただけます。http://www.hotaru-museum.jp/


| 日記 | 05:17 PM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他