社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

 
2019,02,26, Tuesday 07:43 AM


2月26日(火)

7時半に出発。健と妻を送って、ちょうど1週間前に通った道順で水巻町まで。早く着いたので遠賀川の河川敷に車を停めて、のんびり散歩。天気はいいがひどく霞んでいる。

10時20分に猪熊小学校に到着。「今年もお話を楽しみにしています」と穏やかな表情で迎えていただいた校長先生は去年、お隣の遠賀町立広渡小学校でお会いしていた。今年から猪熊小学校に移られたとのこと。この地域に出前講座に行く度合いが大きいのでこの辺ではちょっとした「有名人」かもしれない。

マンダルワさんも到着して10:40分から授業開始。ちょっと広めの教室に小学2年生の子どもたちがちょこんと座っている。最初は僕のモンゴル話。でもプロジェクターが準備が整っていなくて少々焦った。マンダルワさんが機転を利かせて即席の「モンゴル語講座」。10分間時間をつないでいただいた。

準備が整って改めて僕のモンゴル体験記。とにかく元気がいいのでこっちも負けじと大きな声でにぎやかに進めていく。ただしっかり聞いてほしいエピソードや大切な環境の話などはいったん静かにさせてじっくりと聞かせる。

今日は40分間通してこのメリハリがしっかりできた。話の後の質問も、水の大切さとか砂の恐怖とかを感じられるもので、しっかり伝わったと自己満足。

続いてマンダルワさんの馬頭琴。馬頭琴の説明やモンゴル事情などを交えながら2曲演奏。何人かの子供に体験演奏をさせて、さらに1曲。こちらも安定の内容。最後に子どもたちから感想とお礼の言葉。今回も充実した内容だった。

校長室でしばし懇談。これで今年度の僕の出前講座は終了。マンダルワさんとはまた来シーズン。ということで菜の花満開の遠賀川沿いをドライブ。

毎年「スーホの白い馬」の学習に合わせて2年生向けにモンゴル講座を担当する。1月下旬から2月まで。1月は一番寒い時期で毎年インフルエンザで学級閉鎖の心配もしながら始まり。春の気配を感じる頃に終わる。

今年はどれだけ子供たちの心に響く話ができたか。反芻しながら春のドライブを楽しんだ。


| 講演 | 07:43 AM | comments (0) |
comments (0)





2019,02,19, Tuesday 07:40 AM


2月19日(火)

朝から雨。7時に出発。小城から鳥栖まで高速を使って後は国道3号線、200号線などを通って9時過ぎに頃末小学校へ。

ここは去年もお邪魔した。そして今回もパートナーはマンダルワさん。まずは校長室で歓談。「もう1年経つんですね。」と校長先生。

水巻町の小学校は国際交流に力を入れていて、「スーホの白い馬」に合わせたモンゴル講座を各校で実施しているが、オランダとの交流も盛ん。
戦時中にオランダ人捕虜を炭鉱で働かせていたという不幸な過去。今は交流という形で相互理解の礎を築いている。校長先生のお話を聞いているうちに講座の時間。

音楽室に入ると2クラス60人の2年生が座っていた。インフルエンザも収まっているようでマスク姿はほとんど見かけない。

校長先生の挨拶、講師の紹介の後、まずは僕のお話。40分。いつもよりオルドス時代のエピソードを多めに話しながら進めていく。
本題の砂漠化からの時にスライドがうまく切り替わらなくなって、焦って大事な話が落ちてしまったが、岩塩の話は盛り上がりを見せた。

10分の休憩中にみんなに岩塩に触ってもらったり、質問を受けたりした。

後半はマンダルワさんのコーナー。モンゴル語の挨拶から入って。早速、馬頭琴。単に演奏するだけじゃなく。馬頭琴の歴史や一つ一つのパーツについてなど興味を掻き立てる話、代表2名による体験演奏などで子どもたちの心を鷲掴み。

質問もたくさん出て今回も充実した講座となった。

校長室に戻ってしばし歓談。12時前にお暇した。

昼食をはさんでここから仕事タイム。はまゆうワークセンター宗像にできたてのラーモン受け取り、福岡市内で用事を済ませ。三瀬峠越え。

気が付けばすっかり晴れてきて暖かいというより暑い。今日が春一番だったらしい。窓を全開にして三瀬高原ドライブを楽しんだ。


| 講演 | 07:40 AM | comments (0) |
comments (0)





2019,02,04, Monday 07:35 AM


3日(日)

8時起床。ゆっくりできた。4時に起きて作っていただいたという朝食は豪華でうれしかったが、食べきれなくて申し訳なかった。

「和ちゃん家(ぎゃ)」はお母さんだけじゃなくお父さんもフレンドリー。庭に藤棚があって4月には色とりどりの藤が咲き乱れるという。その時期にぜひまた来たいと思った。

10時に再び「リュウキンカの郷」へ。今度はあさぎり町のフットパスに参加する。天気予報は雨。居間にも雨が落ちてきそうな天気だが、フットパス決行。
まずは球磨川沿いをのんびり歩く。そして民家を横切り。山のほうへ・とにかくのんびりガイドさんの説明を聞きながら歩くので健もついていける。歩くだけじゃなく走り回る。元気いっぱい。

途中から星野村で民泊を営んでいるふみちゃんにべったり。そのうち雨がぽつりぽつり。小雨というか霧雨のような雨が降ったりやんだり。健はふみちゃんの傘を借りてご満悦。傘を持って歩くのが気に入ったのか、ずっと重い傘を持って歩いていた。

湧水の湧き出ることころや神秘的な神社など魅力的なコースだったが、ついに雨が本格的に降り出した。妻に傘をさしてもらい、健を抱っこしてサクッと昼食会場へ。
本当は最後にお楽しみのコースが待っていたようだが、雨で断念。また今度の楽しみに。

昼食会場は石蔵を改築した民宿。とても趣がある。郷土料理に舌鼓を打ち13時過ぎにフットパス終了。

約4キロの坂道のあるコース。健はほとんど自分で歩いた。10歳になる時(僕が60歳になる時)、一緒に100キロウォークに挑戦する夢へ。一歩前進?

雨の中、高速を使ってサクッと小城まで戻った。

今年は牛尾山の隠れた資源を活かした何かを始めたいと思っている。今回のセミナーでそのためのアイデアやつながりがしっかりできた。
そして三瀬、星野村、朝倉、球磨、南島原など今回つながった民泊のお母さんを1軒1軒家族で訪れてみたい。


| 国内出張 | 07:35 AM | comments (0) |
comments (0)





2019,02,04, Monday 07:32 AM


2月2日、3日と熊本県球磨地域で行われた「ムラたび九州カレッジ総集編」に参加した。
今年、小城での活動が本格化するのでアイデアとつながりを求めて家族3人で参加を決めた。

2日(土)

小城から高速を使って3時間弱。13:30に会場のあさぎり町せきれい館に到着。14時にスタート。九州各地から120人以上が終結し熱気満々。
このセミナーの主役は農家民泊を営んでいる60~80代のお母さんたち。事例発表やパネルディスカッションなど、とにかく明るくて元気がいい。お母さんたちのパワーに圧倒された。大変な仕事も楽しみながらこなす。本当に好きじゃなければ続かないと思った。

健も3時間もつまらなかっただろうが、お絵描きしたり、恐竜を眺めたり、お利口さんでいてくれた。

18時からお楽しみの交流会。隣の「リュウキンカの郷」には100人近くが集まって身動きができない状態。

子供がいるので、とりあえず畳のスペースを確保。美味しい郷土料理でお腹を満たした後、土間に降りていろいろつながった。南島原のおじいちゃんと隠れきりスタンの話で盛り上がった。

最後はなぜか歌合戦。最後の最後になぜかうちの健が担ぎ出されて「USA」を熱唱。あっという間にお母さんたちから主役の座を奪い取った?さすがバンベンの営業部長(笑)。

20時過ぎに終了。各自近くの民宿に泊まるのだが、バンベン一家の宿泊先は錦町の「和ちゃん家(ぎゃ)」。近くの町営の温泉施設に入って、「和ちゃん家(ぎゃ)」へ。
朝倉市の農家民泊を営んでいる若手の農家家族や南島原、南さつまで民泊を営んでいるお母さんたちとご一緒させていただいた。居間でテーブルを囲んで民泊談義。お母さんたちの武勇伝をひたすら聞き続けた。

楽しいことも大変なこともあるが、九州全域に民泊仲間がいて相談や切磋琢磨ができるというのは九州の強みだと思った。

子供がいるので12時過ぎにお暇。部屋に戻ってビールを飲みながらゆっくり今日一日を反芻した。


| 国内出張 | 07:32 AM | comments (0) |
comments (0)





 

ページ上部へ ↑

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<前月 2019年02月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他