社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2018,02,28, Wednesday 03:55 PM


2月28日(水)

今日は車が使えないので、妻に佐賀駅まで送ってもらい、9:39の電車に乗り込む。鳥栖で鹿児島本線に乗り換え。11:56に水巻町に着いた。雨が降り出していた。駅から15分くらい歩いたところにある「ジョイフル」で昼食と時間調整。13:45に店を出ると雨はやんでいたが風が強い。

14時に水巻町立頃末小学校へ。午後からの出前講座は珍しい。校長室でしばらく待機して14:20から音楽室へ。

2年生約50人が床に体操座りの状態で待っていた。この日もマンダルワさんがパートナー。まずは僕のモンゴル事情&塩を売って緑を買う男の話。今回は2コマあるので余裕をもって話ができる。

いろいろ子供たちに問いかけながら進めていくが、やたら元気がいい。こっちも大声で話を進める。話していくうちにのどの調子が悪くなっていった。オルドスでの体験談、砂漠化、植林、塩・・・。話は快調に進んでいったが声は徐々にかすれていく。45分間、何とか最後までたどり着いたが最後はヘロヘロだった。

休憩をはさんで今度はマンダルワさんの馬頭琴。みんなうっとりして聴いていた。演奏の後何人かに実際弾いてもらうのだが、こちらも時間があったのでいつもより多くの子供たちが馬頭琴を体験できていた。

最後は質問&感想タイム。質問もたくさん出て活気のある講座になった。

外は風雨が強まっていた。マンダルワさんに車で黒崎駅まで送ってもらった。

明日の朝も出前講座がある。佐賀に帰っていては大変だ。往復の交通費で1泊できる。ということで今日は黒崎のホテルに宿泊。

たまっていた仕事をサクサクこなし。夜は一清庵にでも行こうかと思ったが、外はもう暴風雨といった状態。あきらめてホテルで一人慎ましく夕食、と思ったが妄想が膨らみすぎてビールが止まらない。

何回も自販機コーナーに行ってビールを飲みながらアイデアをメモ、気が付いたら3時すぎ。明日の講座は大丈夫だろうか?

| 講演 | 03:55 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,02,23, Friday 03:48 PM


2月23日(金)

まだまだ続く「出前講座の嵐」。なぜか4時半に目が覚めたので。6時に出発。まだ暗い一般道をスイスイ。通勤ラッシュが始まる前に3号線まで通過。

8時半には学校の近くまでたどり着いた。講座は10:35から。それまで遠賀川河川敷の駐車場に車を停めて散歩したり、パソコン作業をしたり、転寝したり・・・。

10:15に水巻町立伊左座小学校着。パートナーのマンダルワさんと校長室でしばらく待機。その後音楽室に移動。3クラス75名の2年生児童が体操座りの体制で待っていた。

今回は1コマ45分しか時間がない。まず僕がスライドを使ってモンゴル事情と体験談。なるべくマンダルワさんの馬頭琴の時間を多めに確保してあげたいと思い、早口でどんどん進めていく。いつもならエピソードも絡めながら問いかけながら絵本の読み聞かせをするように進めていくのだが、今回はバタバタ。説明のみで進めていく。うまく伝わったか疑問。それでも15分で終わる予定が20分以上かかってしまった。

続いてマンダルワさんの馬頭琴。2曲弾いて各クラス1人ずつ馬頭琴を弾いてもらって最後に1曲。何とか時間内に収まった。モンゴルの遊び道具や衣装なども持ってきていたみたいだが、使う間もなく終わった。その後、質問タイム。10分オーバーして講座が終わった。

やはり講師2人で45分は窮屈すぎると思った。

| 講演 | 03:48 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,02,21, Wednesday 03:39 PM


2月21日(水)

今日は家族の休日。平日に休みを取れるのはうれしい。8時に出発。一般道をゆっくり田川方面へ走る。

10時半に「道の駅おおとう」へ。ここは子供の遊び場が充実している。去年来たときは日曜日だったので混んでいたが、平日の午前中はほぼ独占できる。風も穏やかでそれほど寒くない。

滑り台、ブランコ、動物の乗り物、ゴーカート、パンパンカー、トーマス、アンパンマンSL・・・。1000円以内で2時間たっぷり遊びまくった。

そこから20分ほどで果樹園レストラン「ラピュタファーム」へ。13時からのバイキング。平日なのに満席。予約しておいてよかった。

今月はラーモン麺を使った「豆乳担々麺」が食べられる。豆乳に肉みそを混ぜると濃厚でマイルドなスープになる。それにラーモン麺が絡んで本当に美味しい!
後はビールをちびちび飲みながら料理をいただく。健もここのパスタとパンが大好きなのでバクバク食べている。

14時過ぎたらお客さんが引いてきたのでオーナーの杉本さんと情報交換。イノシシプロジェクトの話で盛り上がった。イノシシを狩るのはいいが、埋めたり捨てたりするのではなくきちんと食す。そこにモンゴルの塩が貢献する。そんな流れを作りたい。

最後に大きくなった豚のバース君とご対面。健は背中に乗せてもらってご満悦。「家族の休日」がゆっくり流れていった。

思い起こせば、ちょうど去年の2月にここに来た時、杉本さんと地域おこし協力隊の森山さんと地域おこしについて盛り上がったのがきっかけで、今の小城での活動がある。

「塩を使って地域おこしを!」と半年間うろうろしていたら、いろんなつながりができて、「イノシシプロジェクト」と「オリーブプロジェクト」が始まろうとしている。
思ってもみない展開だが、「志」にはピタッと合致する。「志を持って漂う」だけ。

あとは「塩を売って緑を買う男」の物語が紡がれていく。

| 自分のこと | 03:39 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,02,21, Wednesday 07:48 AM


この冬最大の寒波襲来!このフレーズを何回聞いたことか。この冬は本当に寒い。今日は小城でも一面の雪景色。そして今日は出前講座の日。

7時前に車で出発。雪は積もっているがゆっくり走れば滑ることはない。安全運転。しかし他も車もあまりにも安産運転過ぎて歩いているのと変わらないくらいのノロノロ運転が続く。このままいくべきか電車に変更するか迷った。車の渋滞がどこまで続いているかわからないし、電車も遅れているようだし・・・。

結局、電車に変更。最寄りの久保田駅は3キロほどだが、40分もかかった。1日500円の駐車場に停めて、鳥栖行の電車へ。学校側にも事情を説明。ほかの2人の講師は電車で原田駅に8:40に着くらしい。僕が着くのは8:58。だいぶ待ってもらうことになる。申し訳ないがこれで何とか学校にはだどりつけそう。電車はそんなに混んでなく座ったまま鳥栖駅へ。

ここで博多方面の電車に乗り換え。遅れもほとんどなく9時原田駅到着。ほかの講師2人は博多方面から来たがそちらはかなり遅れていたらしく、またお迎えの先生も渋滞で遅れて結局みんな9時ごろ駅に着いたようだ。

ここから三輪小学校までまだ30分以上かかるとのこと。まるで北国かと思うような雪景色の中、ゆっくり車が進んでいく。途中、田んぼにトラックが突っ込んでいた。9:40に学校到着。講座は9時半からの予定だったが10時からにずらしてもらった。

今回は他にモンゴル人講師が2人いてモンゴル事情、馬頭琴、体験談と役割分担して話ができる。しかも講師3人は別々の教室に入り、4クラス124人を3グループに分けて3人の話を順番に聞いていくとのこと。30分話をして5分質問5分で児童入れ替え。非常に効率がいい。しかし同じことを3回やらないといけない。非常に疲れる。

1回目は時間配分を間違えて最後バタバタに。2回目は納得の出来ばえ、3回目はフラフラ。しかしどの回も質問もよく出て活気ある講座になった。

12時過ぎに校長室に行くと他の2人の講師も疲れた表情。予定より遅くなったからと給食が用意されていた。ここは週4回はご飯だそう。地元の食材にこだわっていて食育にも力が入っている。おなか一杯になってまだ車で原田駅まで送ってもらった。道路の雪は解けていて田んぼに突っ込んでいたトラックは引き上げられていた。

電車で久保田駅に戻ると周りの雪は全部溶けていて何事もなかったかのよう。車に乗り換えて午後の予定をこなした。


| 講演 | 07:48 AM | comments (0) |
comments (0)





2018,02,20, Tuesday 05:19 PM


2月1日(木)

8時に車で健を保育園に送ってそのまま一般道を通って東へ。10時前に大原小学校に着いた。校長室でしばし待機。

10時半から小学2年生対象の出前講座。今回も「スーホの白い馬」を学習するにあたってモンゴル事情や馬頭琴について学ぶのが目的。

中でも馬頭琴の演奏は外せないメインイベント。いつもなら馬頭琴が弾けるモンゴル人とペアで行うのだが、今回は僕一人で2コマ分をこなさなければならない。一応馬頭琴は持っているので前日に倉庫から取り出して音を出してみた。調律はできていないがとにかく音が出る。これでやり過ごすしかない。

児童は60人の予定だったがインフルエンザの影響で50人とのこと。教室に入ると机といすは後ろに下げられていて、50人の子供たちが床に体操座りの状態で待っていた。

プロジェクターに写真を写しながらまずはモンゴル事情。草原、馬、モンゴル相撲・・・。10分くらいで終わらせてあとは「塩を売って緑を買う男」の話。

時間はたっぷりあるので時々子供たちにも問いかけながら、ゆっくり話を進めていった。協力隊時代の体験談、砂漠化の話、バンベンの緑化事業、岩塩など、難しい話もあったが、しっかり集中してくれている。あっという間に60分経った。

寒い教室。床に体操座り長時間よく頑張ってくれた。10分休憩。その間にモンゴル岩塩を見て、触って、舐めてもらった。

残り30分はまず馬頭琴の説明。そして音を出してみる。ワッと声が上がる。そしてきらきら星を弾いた。非常にたどたどしい、音もずれている。本当はもっときれいで深い音色なので申し訳ないが、自分にはこれしかできない。懸命に弾いていると子供たちも一緒に歌ってくれて何とか最後までたどり着いた。ワッと拍手歓声。

後は何人かに実際に弾いてもらったり、質問を受けたり、感想を話してもらったりしてちょうど時間となった。

後半ちょっと冷や冷やだったが何とか一人で2コマこなすことができた。こんなことがなければ倉庫でほこりをかぶったままだった馬頭琴。これからも年に一回くらいは披露する機会があればいいと思った。




| 講演 | 05:19 PM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前月 2018年02月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他