社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2016,11,16, Wednesday 10:41 PM


11月8日(火)、14日(月)、16日(水)それぞれ直方、北九州、久留米でPLガス会社主催のチアーズマルシェに出店した。

8日は家族3人で参加。12時前に会場に到着。商品を並べて12時半にスタート。一般のお客さんはそれほど多くなかったが、他の出店者の方々といろいろお話しできたのがよかった。健ちゃんはここでも大人気。いろんな人に抱っこされてご満悦。同時開催の料理教室では料理研究家の西川さんにバンベンの木になる塩を使ってもらっていい宣伝になった。売上は少なかったが、家族で楽しめた塩売りだった。

14日は別件もあるので一人で北九州へ。この日も同じスケジュール。しかし塩が売れない。こんなに売れないのは初めてというくらい売れなかった。売上だけが目的ではないが、売れないと気持ちが沈んでいろいろつながる元気もなくなる。前回岩塩を買っていただいた出店者の方に気に入ったからと再び買っていただいたのが唯一の売上。落ち込んだしまったが、北九州の別件の仕事が面白い方向に進んでいった。やっぱり動くと何かいいことがある。

16日家族3人で行く予定だったが、諸事情で僕一人で参加。前回がさっぱりだったので少々気が重かったが、この日は結構売れた。バンベンの岩塩積み放題が他の出店者に大人気。ほぼ完売。前回までのもやもやが晴れてすっきりした感じ。他にも商談や貴重な意見をいただいた。最後はやっぱりハッピーエンド。収穫の多い1日となった。

3日間山あり谷ありのマルシェだったが、実店舗を持たないバンベンにとって対面販売の貴重な機会。会話の中からいろんなアイデアももらえる。今年はこれで塩売りは終了。来年も積極的に塩売りイベントに参加していきたい。


| イベント、催事 | 10:41 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,11,12, Saturday 10:37 PM

11月12日(土)

10時前に博多駅バスターミナルビルの貸会議室へ。今日も出前講座。今回はJICA青年研修事業で研修中のパキスタンの方々が対象。パキスタンで産業振興に取り組む若手公務員10名を前に「塩を売って緑を買う男」の話。

相手がどこの誰だろうが内容はいつも同じ。自分のストーリーを淡々と語るだけ。今回は英語の通訳を挟むのでうまく伝わるか不安はあったが、通訳の方が非常に上手くさばいていたので、テンポよく進めることができた。

研修生たちもどんどん引き込まれていく感じ。それを見ているとこちらもますます調子よく語ることができる。パキスタンも砂漠化が深刻だし、塩が採れる。だからかもしれないがひしひしと共感の視線を感じる。

25年前もし僕が内モンゴルではなくパキスタンに派遣されていたら、パキスタンで「塩を売って緑を買う男」になっていたのかもしれない。そう思いながら90分ノンストップで語りまくった。

その後の質問や感想もエリート公務員らしく的確で実務的。「せっかくいいことをやっているのだから、NGOや政府を協力すればもっと効果的で大規模な緑化ができるのではないか」それに対する僕の答えに納得した様子。

「パキスタンも砂漠化が進んでいるので、将来ぜひ協力してほしい。」とも言われた。「必ず行きますよ。20年後くらいになると思いますが(笑)。」「その時は皆さん政府の要人になっていると思うので、ぜひバンベン事業に力を貸してください。」と言っておいた。

12時に終了。家に帰ってビールを飲みながら振り返る。ワクワクが止まらない。もともとオルドスモデルが完成したら、西アジアやアフリカに進んでいくつもりだった。もしかしたら本当に20年後パキスタンで「塩を売って緑を買う男」になっているかもしれない。


| 講演 | 10:37 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,11,11, Friday 10:34 PM

11月11日(金)

車でサクッと久留米まで。11時過ぎに久留米大学御井キャンパス到着。13:10から市民事業論特講『市民参加のまちづくり【グローカル編】』の講師を担当する。
今回で5回目。いつも早めに来て、キャンパスをぶらぶらしながら学生気分を満喫する。人の少ない学食で担々麺を食べ、カフェでコーヒーを飲みながら講義の予習。出前講座は久しぶりなのでパワーポイントで流れを確認。

13時前に担当の伊佐先生と教室へ。パソコンをプロジェクターにつなぐ。なぜかつながらない。バタバタしているうちに開始の時間。30数人の学生一同こちらを様子を心配そうに見ている。伊佐先生に別のパソコンを用意してもらう。その間、僕のイケてない大学生時代の思い出話などを話やり過ごす。先生の素早い対応もあって10分足らずでセット完了。いつもの「塩を売って緑を買う男」の話スタート。

久しぶりだが、何百回も話をしているので、目をつぶっても進めることができる。どんどんストーリーを展開させていく。ちょっと時間をオーバーしたが、気持ちよく話を終えることができた。学生からの質問、レポート提出で90分の授業終了。

しばらく伊佐先生とカフェで意見交換。15時半、本日の仕事終了。天気が良かったのでちょっと遠回りして家まで帰った。


| 講演 | 10:34 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,11,09, Wednesday 10:30 PM

11月9日(水)

急な仕事で広島に行くことになった。家族旅行を兼ねて3人で広島へ。高速を飛ばして11時過ぎに前から行きたかった宮島へ。
渡船で10分。日差しは優しく、風が強く冷たい。健ちゃんが風邪をひかないようにフル装備で宮島上陸。今日の目的地は厳島神社ではなく、標高535mの弥山。
色づき始めた木々を見ながら紅葉谷まで3人で歩く。ロープーウエイの駅のところで別れる。僕は登山道、妻と健ちゃんはロープーウエイで向かう。登山道は結構外国人が多い。途中から急な石段が続く結構ハードなコース。息が切れる。頭から汗が滝のように流れる。休み休み進んでロープーウエイコースでの合流地点へ。

弥山まであと700m。残りは3人で歩く。健ちゃんを抱っこして汗をかきかき、ゆっくり登っていく。重力を感じる。腰にズッシリ、足ガクガク。でも健ちゃんを抱っこして歩くといろんな人が声をかけてくれて励まされる。最後の急な石段を超えて、岩のトンネルをくぐって、どうにか頂上の弥山展望台にたどり着いた。

風が心地よい。瀬戸内海の絶景にパワーをもらえる。岩肌が神秘的。やはり神の島だ。
妻の手作りの弁当を広げる。美味い。そしてお待ちかねのビールタイム。苦労して登った甲斐があった。健ちゃんのほっぺが冷たくなっていてちょっと心配だったが、離乳食の食べっぷりをみてやや安心。妻も産後初めての登山で満足そう。

しばらくゆっくりした後下山。ゆっくり慎重に石段を下りて、帰りは3人ともロープーウエイ。サクッと紅葉谷まで。

そこから厳島神社を参拝。修学旅行生でごった返していた。健ちゃんは女子高生に大人気。日が暮れるまで、じっくり宮島を楽しんだ。

宿は広島空港近くのリゾートホテル。ゆっくり温泉に浸かって登山の疲れを癒した。

11月10日(木)
10時までホテルでゴロゴロ。昼食はショッピングモールのサイゼリヤ。その後、14時に営業先へ。商品説明と価格の提示。15分で業務終了。後は果報を待つのみ。
雨が降り出したので午後はどこにも寄らず高速を飛ばしてサクッと帰った。仕事15分残りは家族サービスの広島の旅だった。


| 国内出張 | 10:30 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,11,07, Monday 10:27 PM


11月7日(月)

11月に入るとモンゴル人力士がこぞってオルドス家にやってくる。大相撲九州場所を前にここでモンゴル料理を食べて精を出すためか。
僕は相撲にはあまり興味がないが、一人応援している力士がいる。それが内モンゴル出身の蒼国来関。モンゴル国出身の力士は数多くいるが、内モンゴル出身力士は彼一人。

2003年の初土俵以来、ケガに泣かされたり、八百長事件に巻き込まれたり、不遇の時期を過ごすが、不屈の精神で困難を乗り越えて、今も幕内力士として頑張っている。

この夜はオルドス家で蒼国来関とじっくり話をすることができた。相撲の話はほとんどない。内モンゴルの話やなぜか塩の話で盛り上がった。そして健ちゃんも抱っこしてもらった。

将来、何らかの形でコラボすることもあるかもしれないが、とにかく今場所もケガなく頑張ってほしい。


| 勉強会、飲み会 | 10:27 PM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2016年11月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他