社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2011,07,30, Saturday 09:30 AM

7月24日にテレビのアナログ放送が終わった。これを機にしばらくテレビのない生活を過ごしてみよう、ということでデジタルに切り替えることなくアナログテレビの終了を見届けた。

そして自分が普段けっこうテレビを見ていたことに気づく。暇なとき朝はたいていテレビをつけっぱなしでゴロゴロしていた。昼はワイドショーを見ながら昼食。夜はニュースやドキュメンタリー番組。中でもワールド・ビジネス・サテライトは自宅にいる場合必ず見ていた。

あれから1週間経つ。日中、自宅にいるときは専らラジオ。聴きながら掃除したりメールしたりブログ書いたり・・・。「ながら作業」ができるので時間が有効に使える。

夜は飲む機会が多いが、自宅にいるときは専ら読書。ここ数年、実用書以外は読んだことがないが、今は買ったばかりのムハマド・ユヌス氏の自伝をコツコツ読んでいる。これが350ページ以上あり、しかも細かい文字で1ページに2段になっているのでものすごいボリューム。でも面白いので割と早く読み終えそう。

以前もテレビのない生活をしたことがある。それはオルドスでの3年間。今回はそこまでは無理だろうが、ひと夏くらいテレビのない静かな生活ができそうだ。



| 日記 | 09:30 AM | comments (1) |
comments (1)





2011,07,28, Thursday 05:25 PM

24日(日)

最近「バンベンを応援するたい」というグループができた。ソーシャルビジネスの勉強会をきっかけにできた有志のグループ。

先日「バンベン事業の弱点は」というテーマで話し合ったが、認知度があまりに低いということに。いろいろやらなければならないことがあるが、まずはバンベンのWEBサイトの改善から始めようということになった。

ということで24日にバンベンサイト更新についての第1回目の打合せ。WEBデザイナーや中小企業診断士など4名が集まった。

最小の費用で最大の効果をあげるには・・・。WEBデザイナーのW氏がたたき台を作ってきていたのでスムーズに話が進む。構成、デザイン、レンタルサーバー、独自ドメイン、ネットショップ・・・。どんどん具体的に進んでいく。来月から少しずつ更新をやっていき今年中にリニューアルされたバンベンサイトが完成する。

ということは今のサイト「オルドスの風」は間もなく消滅する。「生きた化石」のようだと揶揄される「オルドスの風」のトップページにはそれなりに愛着があるので消滅後は「バンベン博物館」に展示することにしよう。

15時に打合せ第1部が終了。近くのスーパーでビールとつまみを買い込んで第2部スタート。ビール片手に今後のバンベン事業について大いに語り合った。

2004年に始まったバンベン事業。これまでは一人で考えて動いてきたが、今年はいろんな人たちの知恵を借りながらどんどん進化していきそうだ。創業当時の理念だけは変えないようにしたい。



| 日記 | 05:25 PM | comments (0) |
comments (0)





2011,07,27, Wednesday 04:25 PM

バンベンのオリジナル商品が増えている。今までスチンさんが事務所で塩のパック詰めなどコツコツとやってくれていたが、この度めでたく独立することになり、今は9月のモンゴルダイニングバー開店のために奔走している。

ということでしばらく普段の営業から商品の袋詰め発送など何でも僕一人でこなす超多忙な日々が続いた。

このままじゃ持たない、ということでいつもバンベンの塩を売ってもらっている「はまゆう学園」のU氏に相談。障害者施設「はまゆうワークセンター宗像」で作業していただけることになった。

先週早速塩や袋やラベルを持ち込んだ。今週中に一定量のバンベン商品がストックされる。おかげで僕は営業に専念できる。少しだが障害者の方々の収入にもなる。なかなかいいコラボだ。

みなさんの直向きに丁寧に作業をしている姿を見ていると胸が熱くなる。

バンベンのオリジナル商品が売れれば売れるほど作業の量も増える。

これからどんどんコラボを拡大していきたい、




| 日記 | 04:25 PM | comments (0) |
comments (0)





2011,07,26, Tuesday 05:19 PM

【お知らせ】

盲導犬を応援する「福岡DEないと!」、居酒屋から福岡を元気にする「イコー会」、
障害者スポーツを応援する「シーズ・アスリート」、女性がん患者を応援する
「ウィッグリングジャパン」がタッグを組んで東日本にエールを!

「東日本大震災チャリティ講演会」
?ある日、突然、当たり前が当たり前じゃなくなった日?
?神様は乗り越えられる試練しか与えない?
が行われます。

僕は先日「福岡DEないと」の交流会で講演者のゴールボール日本代表・浦田理恵さんのお話を聞く機会がありました。ほとんど視力がないのに終始最高の笑顔で話をされていました。今の自分を受け入れ、今の自分にしかできないことを実践しているからこその笑顔。ほんの10分ほどでしたが、十分元気と勇気をもらいました。

このイベントの主旨は福岡の様々な社会貢献団体が共同でイベントを開き、売上の一部を義捐金として東日本大震災の被災者に届けるというものです。それだけでなく参加する全ての方々は元気と勇気がもらえます。「自分にできること」が見つかるはずです。「自分にしかできないこと」が見つかるかもしれません。

浦田さんの講演以外に堤田とも子さんの講演やパラリンピック正式種目「ゴールボール」の実演など盛りだくさんで今年一押しのイベント。ぜひこの機会にお越しください。お問い合わせは下記「福岡DEないと!事務局」或いは僕(banben11@krb.biglobe.ne.jp)までご連絡ください。



イベント:「東日本大震災チャリティ講演会」
?ある日、突然、当たり前が当たり前じゃなくなった日?
日時:2011年8月7日(12:00開場、13:00開演、15:00終了)
場所:エルガーラ8F大ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
定員:600名
前売券:一般2,200円(当日3,200円)、学生1,100円(当日1,500円)
お問合わせ:福岡DEないと!事務局:TEL:092-731-3990(受付平日13~17時)
E-mail:info@izakaya13.com
以上



| 日記 | 05:19 PM | comments (0) |
comments (0)





2011,07,25, Monday 02:11 PM

23日(土)

午前中は事務所で作業。午後から電車で箱崎へ。

14時から九州大学で行われた 「ソーシャルビジネスフォーラムアジア・ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏と東日本大震災被災者の自立復興支援を考えるシンポジウム」に参加。

ユヌス博士による基調講演やソーシャルビジネスに関するパネルディスカッションなども行われ中身の濃いシンポジウムだった。

ソーシャルビジネスもいろいろあるようで「ユヌスさんのソーシャルビジネス」と「日本のソーシャルビジネス」違うらしい。僕は難しいことはわからないが「オルドスの砂漠緑化」という自分のやりたいことを自分に合った方法で続けていくことの大切さを再確認できた。

17時にサイン会。僕と友人のD氏は最後尾に並んでいた。ここでのミッションはユヌス氏にオルドス緑化事業を知ってもらうこと、そして一緒に写真を撮ること。

30分ほど並んでいよいよ自分の番。ユヌス氏に英訳したバンベンのチラシを見せながら手短にバンベン事業を説明。ユヌス氏からもお言葉をいただいたが、緊張していたのでよく覚えていない。そして水晶のようなきらきらなモンゴル岩塩をプレゼント。最後に素早く写真&握手。手際良くミッション達成。

やはり信念を持って行動し続ける人にはオーラと説得力がある。バンベン事業も早くソーシャルビジネスの第一人者であるユヌス氏にも認めてもらえるようにならなければ・・・。俄然やる気が出てきた。英訳などいろいろ手伝ってくれたD氏に感謝。

その後、近くの焼鳥屋でD氏と「祝勝会」?。何だかビールがガンガン進む。福岡のソーシャルビジネスの将来性について大いに語り合った。





| 日記 | 02:11 PM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2011年07月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他