社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2008,08,29, Friday 06:58 PM
久しぶりの営業。しかも2日続けて。

28日
車で北九州方面へ。まず門司港。関門橋や門司港の景色が一望できる「陽のあたる場所」で焼きカレーを食べながら、打ち合わせ。続いて小倉駅前の「洋文堂」さんへ。ここではうちの岩塩や重曹を扱っていただいているので、商品の補充と清算。夜、面白い集まりがあるから参加しないかと言われ、そのまま「語る会」に参加。10数名が政治や生活や町おこしのことについて熱く語っていた。僕はもっぱら聞き役。かろうじて5分くらいオルドスでの緑化事業を紹介できたのはよかった。

29日
朝から、メリゲンさんと筑紫野へ。ファミレスでうちの農業資材のことについて打ち合わせを行った。先方は先週末、アクロス福岡で行われた僕の講座を聞いて、関心を示していただいた方。すぐに成約とはいかないが、オルドスでの緑化事業に賛同していただいた上での商談。今後は砂漠緑化という付加価値を全面的に押し出して商品を売り込みたいと考えていたので、モデル的なケースになるかもしれない。



| 日記 | 06:58 PM | comments (0) |
comments (0)





2008,08,26, Tuesday 11:41 AM
24日
12時半にアクロス福岡3階の「国際広場」へ。協力隊OBOGや在福外国人など20人ほどのスタッフが集まっていた。みんなそれぞれの国の民族衣装を着ているので、ものすごく華やかな雰囲気を醸し出していた。

14時から「ちきゅうめぐり」開始。家族連れを中心とした50人ほどの参加者が3グループに分かれ、「民族衣装」「国旗」「あそび」の各ブースを順番に回り、楽しみながら国際感覚を養っていた。僕は「民族衣装」ブースを担当。最初はモンゴルデールを着て着せ替えを手伝ったり、写真を撮ったりしていたが、だんだん暑くなってきて、30分ももたずにデールを断念。その後デールは着せ替え衣装として活躍した。子供たちは意外と恥ずかしがって初めはなかなか着ようとしない。どちらかというとお父さんが張り切っていろいろ着ているうちに子供たちも巻き込まれていくといった感じ。ほのぼのとした家族の姿があちこちで見られた。

16時からは「フェアトレード」についての講演。まずは協力隊タイOGのT氏の話。隊員時代タイの山岳民族の人々へ手工芸の技術を伝え、帰国後長崎にフェアトレード店をオープンし、現地の人々が作った民芸品を紹介している。これぞフェアトレードといった感じ。

続いて僕の話はいつもの通り隊員時代の思い出話から今のオルドス緑化事業まで写真を見せながらエピソードを中心に淡々と語った。持ち時間は40分あったが、やはり思い出話に時間をかけすぎ、今やっていることについてはバタバタと説明。5分オーバーして何とかまとめた。

休憩をはさんで質問タイム。やはりフェアトレードをやりたいという若者が多く、どうしたらフェアトレードを始められるかなどの質問が多かった。僕はフェアトレードという言葉を意識して活動しているわけでもなかったので、うまく答えられなかった。「まず自分がとことん付き合っていく地域と出会って、明確な目標を定め、それからその地域に合ったやり方、自分に合ったやり方で協力していく。」それがフェアトレードの手法だったら、それを実践すればいいし、違った方法の方がいいのならそれを実践すればいい。質問に答えながらそう思ったが、うまく伝わったかどうかわからない。もう少し時間がほしかった。でも講座が終わって、個別にいろいろ聞いてくる人もいて、名刺交換などもできたので、次につながっていくかもしれない。

片付けを終えて、アクロスの地下で協力隊OBなどと軽く反省会。イタリア料理とビールと面白い話で1日の疲れを癒した。

*写真はHPのオルドス写真館まで。



| 日記 | 11:41 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,08,22, Friday 10:29 AM
8月8日
6時半にチェックアウト。この日もずっと1一人でひたすら移動。まずタクシーに乗って銀川空港まで。8時20分、西安経由のフライトで上海浦東空港へ。予定通り12時30分に着いた。

空港ではゆっくりビールを飲んでやり過ごした。福岡行の便は18:00。空港内のテレビにはこの日から始まるオリンピック直前の北京の様子が映し出される。20年前、初めて北京を訪れた時には想像もできなかった近代的な未来都市がそこにあった。

最後のフライトも順調。定時に福岡空港に。しかしあまりにも日に焼けて小汚い格好になっていたせいか、この日福岡空港では初めて税関検査で荷物を調べられる羽目に・・・。もちろん没収されるものは何もなかったが・・・。ということで今回も充実した15日間の出張だった。


| 日記 | 10:29 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,08,21, Thursday 11:40 AM
8月7日
この日は一人で1日かけて銀川まで移動。お世話になった東勝大酒店をチャックアウト。8時40発の銀川行きの長距離バスに乗り込む。走行距離約500キロ。しかも国道では70キロの速度制限があるため8時間くらいかかると予想した。ただこのバスも割と清潔で座席番号どおり座っており、タバコを吸う人もなく、快適。普通、一般道を70キロで走れば十分速いのだが、一直線の平原だとのろのろ運転としか感じられず、イライラが募る。ここはひたすら我慢。国道のすぐ横では高速道路が急ピッチで建設中。来年の6月に開通予定ということ。これができるとオルドスを縦横無尽に走り回ることができる。ほぼ予想通り16時半に銀川に着いた。夜は友人とこの出張最後の夜を楽しんだ。



| 日記 | 11:40 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,08,20, Wednesday 10:20 AM
8月6日
この日は午後からオルドスモンゴル族中学を取材。今は夏休みの真っ最中この学校で先生をしている僕の教え子はほとんど不在。幸い今英語教師になっているヤンメンドだけは残っていた。他にドプシン校長、日本語教師のジャラガムジさんとその教え子1名に集まってもらい、座談会。昔の思い出話に花が咲いた。

ジャラガムジさんは来年、日本語を勉強している生徒やその保護者10人くらいを対象に日本ツアーを計画している。この日来ていた女子生徒も参加するとのこと。「本当にいけるの?」と聞くと「お金は大丈夫。手続きがどうなるか・・・。」と言っていた。オルドスのモンゴル族も金持ちが増えてきたということか。

続いて学校の撮影。僕が1年半住んでいた校舎の2階の部屋へ。あいにくカギが掛かっていて、中は見れなかったが、そこから教室まで4歩半で着いてしまう、僕にとっては懐かしい場所。そこでインタビューを受けて、この日の取材は終了。

取材班はそのままウーシン旗へと向かった。取材に僕がかかわるのはこの日が最後。あとは10月の放映を待つのみ。どんな番組になるのか、Tプロデューサーの手腕に期待したい。

夜は学校主催の宴。今の指導者たちはもうお酒を飲めなくなっているので、この日はビールで軽めの宴会。以前、モンゴル族中学の宴会というと白酒攻撃が大変だったが、この日はやや拍子抜け。でも古い友人たちと何の気兼ねもなく語り合えるというのは本当にうれしいこと。カンバシに移転した後のモンゴル族中学の発展を期待したい。

*写真はHPのオルドス写真館まで。




| 日記 | 10:20 AM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2008年08月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他