社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2008,05,30, Friday 12:02 AM
14時に博多駅で待ち合わせ。大阪から某大手新聞社の記者がオルドス緑化事業についての取材にきた。近くの喫茶店に行って約2時間、緑化事業を始めたきっかけから今までの成果、バンベン牧場やイチゴ作りなどの取り組みについて淡々と語った。実際にオルドスにも行ってもらって7月に掲載される予定。全国紙に載るのは初めての快挙。どんな記事になるのか、どんな反響があるか、楽しみだ。


| 日記 | 12:02 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,05,29, Thursday 12:21 AM
今日も事務所で暇な1日。サンプルを送ったり、6月の展示会関係の作業をやったり・・・。

先々週、群馬パース大学で行った講座の感想が届いたので、じっくり読んでみた。以下一部抜粋。
「協力隊員として行ったところでの交流が今でも続いているのはすごい。人と出会うことの大切さを知ることができた」「確実に緑が増えていてすごいなと思った」「直接植林活動をすることは難しいが、塩や重曹を買うだけで緑化に貢献できることを知った」「いろんな偶然が重なってこのような大きなプロジェクトに取り組むなんて偶然を偶然で終わらせない姿勢を見習いたいと思った」「二胡を生で見たのは初めてなので、それを見れて、そして演奏を聴くことができてとてもよかったです」「最後にもらった「モンゴル岩塩」は家に持って帰ってグラスに入れて飾ってあります」「1人で始めた活動にだんだん関わる人が増えていき、規模も大きくなっていったことに感動した」「少しずつだけど自分の利益の中から支援し、活動を進めていくというやり方がとてもいいと思った」「NGOなどの協力もなしに自分で何事も決めたほうが楽だからと言って、1人ですべて決めて行動したことに驚いた」「現地に赴いて、新たな夢を見つけてそれを死ぬまで続けようと思えることがすごいと思った。これから就く職業の中で何か決めて極められるようになりたいと思う」「授業を聞いてすぐにホームページを見たけど本当に勉強になった。これからもこの地球上で起こっている事実を忘れないようにホームページを見続けていきたいと思う」・・・。

これから進路選択が待っている彼らに、こちらが伝えようとしていたことがすべて伝わっていた感じ。また来年もやれたらと思う。




| 日記 | 12:21 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,05,28, Wednesday 01:10 AM
快晴の1日。30度近い午後、1週間ぶりにバンベン農場での作業。イチゴハウスの隣で作っていた親株からこの秋定植する苗を作る作業。去年はあちこちの農家から苗を分けてもらい定植したが、今年はできるだけ自分たちで苗を作ろうと取り組んでいる。どんなイチゴが生まれてくるか、楽しみだ。

*写真はHPのイチゴ日記まで。



| 日記 | 01:10 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,05,27, Tuesday 01:42 AM
26日
夕方から博多方面に出向いた。中国協力隊OGで今は広島で働いているK氏と近くの居酒屋で飲んだ。僕が協力隊調整員をやっていた頃の隊員。ついこの間会った気がするのに、時の流れは速いもの。気がつけば4年半ぶりの再会。中国での思い出話に花が咲いた。

27日
午後から事務所へ。暇な1日。去年アルバイトをしていたモンゲンさんが赤ちゃんを連れて遊びに来てくれた。17時前には事務所を出て、いつもの夕陽館へ。自転車マシンと塩風呂。土日の不摂生で地道に減らしてきた体重があっという間に増えていた。軽くショック。そろそろ家の発泡酒を今流行りの糖質カットタイプに替えることも考えなければ・・・。

*写真はHPのオルドス写真館まで。


| 日記 | 01:42 AM | comments (0) |
comments (0)





2008,05,23, Friday 04:29 PM
ここ数日、四川大地震の報道に注目している。1日も早い復興を祈るばかりだが、昨年末、植林プロジェクトの視察時に訪問した茂県と広漢がどうなっているのか、今のところ何の報道もない。報道がないということは大した被害が出てないのか、それとも・・・。

特に茂県は震源地「汶川」のすぐ北、壊滅的な被害に遭った「北川」のすぐ西にある。視察時は成都・都江堰・汶川経由で半日かけて茂県までたどり着いた。ほとんどは切立った岩山と深い谷。谷底に川が流れ、わずかな平地に建物がひしめき合っていた。少数民族「羌族」の集落が険しい岩山の中腹にへばりつくように点在していた。当時すでに所々かけ崩れが発生していて、何度か迂回を余儀なくされた。

温かくもてなしてくれた林業局の人たち。「退耕還林」の政策に沿って、畑に黙々と経済林を植えていた農民たち。美しい民謡と踊りを披露してくれた羌族の人たち。無事でいてくれているだろうか。

*視察当時の写真はHPのオルドス写真館の「2007夏オルドス・四川出張その2」にあります。




| 日記 | 04:29 PM | comments (2) |
comments (2)






ページ上部へ ↑

カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2008年05月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他