社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2007,12,27, Thursday 04:40 PM
25日
天気がいい。暖かい。初めてのイチゴの収穫。至福のひと時。量はけっこう採れたが、7割は虫にやられている。地道に夜盗虫を駆除し続けているので、今後はこの割合は減っていくだろう。それにしてももったいない。虫にやられたイチゴは自分で食べたり、ジャムに加工したりして有効に使いたい。

26日
虫の被害を免れたイチゴをパックに詰めて、取引先に配った。みんな驚いていた。今後収穫するイチゴの売り先も確保できた。大した量にはならないが、1年目でしかも無農薬で売りものになるイチゴができたということは自信になるし、うちの農業資材の宣伝にもなる。「バンベンのイチゴ」、果たしていくらで売れるだろうか。

*写真はHPのイチゴ日記まで





| 日記 | 04:40 PM | comments (2) |
comments (2)





2007,12,18, Tuesday 03:47 PM
17日
午後からバンベン農場に行って、虫取りなどの作業。いつの間にかイチゴの実も大きく赤くなってきた。作業中に真っ赤に実ったイチゴを摘んで食べてみる。甘い。農作業を続けてよかったと思えるひと時。これからどんどん実が成ってくる。無農薬でできたイチゴ、いろんな人に配ってもいいし、直売所に置いてもらって売りさばいてもいい。まずは自分で心行くまで味わいたい。

*写真はHPの「イチゴ日記」まで




| 日記 | 03:47 PM | comments (0) |
comments (0)





2007,12,15, Saturday 04:34 PM
7時出発。まだ薄暗い中、自転車で福間駅まで。今日は今年一番の寒さらしい。でも風は順風。軽快にペダルをこいでいく。冷たい空気が心地いい。7:21の電車に乗り込む。博多まではけっこう混んでいる。そこから先はゆっくり座って久留米まで。久大線に乗り換えて善導寺駅に到着。9時を回っていた。

長旅の末、やってきたのは大橋小学校。周りは筑後平野が続いている。実は火曜日に行った船越小学校にも近い。ここも都会の小学校と違い3世代で暮らしている子供たちが多い。今年度8回目の出前講座。1年から6年まで約100人を集めて、中国事情を展開した。

前半はパートナーの胡さんの講座。中国の雰囲気を醸し出すために「太極拳」をやりながらの登場。しっかり子供たちをひきつけて、日中の文化を比較しながら話を進めていた。1,2年生には難しいかなといった話もあったが、逆に1,2年生が一番楽しんでいたようだ。とにかく外国人と交流するのが、楽しくてしょうがないといった感じ。

休憩をはさんで僕の出番。まずは二胡の演奏。普段はあまり自信がないのだが、体育館で弾く時は音が響いてきれいに聞こえる。とりあえずつかみはOK。続いてプロジェクターで写真を見せながら、中国の多様性の話、隊員時代の話、砂漠化の話、黄砂の話、緑化の話と続いていく。やっぱり透明な物体はインパクトがある。

質問の時間を多く取り、各学年ごとに質問を受ける。低学年は食べ物や気候に関しての質問。高学年になると緑化の方法についての質問が多かった。ハッキリ言って6学年そろっての講座だと理解度に大きな差があるのでやりにくいと思っていたが、各自がそれぞれ想像力を働かせて楽しく聞いてくれているようだったので、こちらも終始楽しく授業を進めることができた。

続いて西鉄電車に乗って天神まで。夜の講座まで時間があったので、久々に映画館に寄ってみた。ちょうどこの日公開開始の「アイアムレジェンド」を見た。またまた14日はこの映画館のサービスデイということで千円で入ることができた。ちょっと?な部分や感情移入できないところがあったが、迫力満点。無人となったNYの映像が細部までとてもよくできていた。映画館で見る価値のある映画だ。

18:30からはいつものあすみんで協力隊OBの国際理解講座を受けた。現職参加で派遣されたセントビンセントの様子や帰国後、某中学で取り組んでいる国際理解教育の現状などを聞いた。学校の指導者が国際理解教育に熱心かどうかに左右される部分が大きいことを知った。

つづいてOB会の忘年会。来月アフリカに赴任するN氏の送別も兼ねて大いに盛り上がった。いつもは博多駅0:04が終電だが、年末は0:30の臨時列車が出る。ギリギリまで存分に語り合った。

帰りの自転車は逆風。北風を受けながら1回1回ペダルをこいでなんとか家にたどり着いた。

*写真はHPのオルドス写真館まで。





| 日記 | 04:34 PM | comments (0) |
comments (0)





2007,12,12, Wednesday 11:23 PM
7時半出発。高速で古賀インターから朝倉インター経由で田主丸まで快走した。今年度7回目の出前講座。途中コンビニでコーヒーを飲んで、9時20分船越小学校に到着した。9時50分からの授業だと勘違いしていたが、実際の授業は10時35分から。相当早く着いてしまった。まあ遅れるよりはよかった。時間まで校長室で1人新聞を読んだり、パソコンで作業したりリラックスして過した。

この日は6年生25人が対象。隊員時代の話から緑化の話まで写真を見せながら、質問も交えて40分。気持ちよく話せた。やはり岩塩はインパクトがあった。児童のおじいちゃんが内モンゴルで植林をしたことがあるという話も出てきて、砂漠緑化がより身近に感じられたのではと思う。

その後、韓国の留学生ジョンさんにバトンタッチ。韓国語やチマチョゴリやキムチや韓流など身近な話題で盛り上がった。最後に子供たちから合唱のプレゼント。この年頃だと恥ずかしがるかと思ったら、みんな大きな声で心が思っていた。続いて給食タイム。1学年20人くらいしかいない小さな田舎の小学校。みんな素直で明るい。食事の後は二胡を弾いたり弾かせたりで最後まで楽しく過ごした。

帰りはちょっと遠回り。県道80号で秋月まで。その後66号の山道を堪能。初冬のドライブ。車が少ない。日差しが柔らかい。筑豊経由でゆっくり気持ちよく家まで帰った。

*写真はHPのオルドス写真館まで。





| 日記 | 11:23 PM | comments (0) |
comments (0)





2007,12,11, Tuesday 03:55 PM
8日
6時半出発。まだ真っ暗な中、車で田川に向かう。この日はJA田川金川主催の農業まつりに参加。この手のイベントでモンゴル岩塩はあまり売れないということは11月の香春町の農業まつりで学習していた。しかし新たな農業従事者との関係を築くべく、1日のみ参加した。

朝から曇って底冷えのする野外の会場。朝早くから人がけっこう来る。農業まつりでは「野菜の即売」「屋台」「演歌歌手の歌謡ショー」の3点セットが人気。子供からお年寄りまで地域の人が楽しみにしているイベントでもある。もう30年以上の歴史があるらしい。なんか古き良き日本映画に出てきそうな感じ。

木枯らしが吹き底冷えのするイベント会場。普通、モンゴル岩塩を売る時は手のひらに岩塩をふって味見してもらうのだが、この日はみんなポケットに手を入れたまま。それでもあきらめずに売り続ける。けっこう健闘した。けっこう売れた。あまり暇な時間がなかったので寒い中でも耐えることができた。農協の人にうちの「漢方源」を売り込むこともできたし、まずまずの1日になった。

午後3時に終了。僕だけ直方で下してもらって、電車で門司港まで。夕方から門司港レトロの近くの喫茶店に8人ほどが集まっての「望」年会。町おこしに取り組む人や環境に関心のある人たちと意味のある時間を共有できた。その後、夜景のきれいなレストランに行って門司港名物の「焼きカレー」を堪能、まったりとした時間を過ごした。

*写真はHPのオルドス写真館まで。





| 日記 | 03:55 PM | comments (8) |
comments (8)






ページ上部へ ↑

カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2007年12月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他