社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2019,02,26, Tuesday 07:43 AM


2月26日(火)

7時半に出発。健と妻を送って、ちょうど1週間前に通った道順で水巻町まで。早く着いたので遠賀川の河川敷に車を停めて、のんびり散歩。天気はいいがひどく霞んでいる。

10時20分に猪熊小学校に到着。「今年もお話を楽しみにしています」と穏やかな表情で迎えていただいた校長先生は去年、お隣の遠賀町立広渡小学校でお会いしていた。今年から猪熊小学校に移られたとのこと。この地域に出前講座に行く度合いが大きいのでこの辺ではちょっとした「有名人」かもしれない。

マンダルワさんも到着して10:40分から授業開始。ちょっと広めの教室に小学2年生の子どもたちがちょこんと座っている。最初は僕のモンゴル話。でもプロジェクターが準備が整っていなくて少々焦った。マンダルワさんが機転を利かせて即席の「モンゴル語講座」。10分間時間をつないでいただいた。

準備が整って改めて僕のモンゴル体験記。とにかく元気がいいのでこっちも負けじと大きな声でにぎやかに進めていく。ただしっかり聞いてほしいエピソードや大切な環境の話などはいったん静かにさせてじっくりと聞かせる。

今日は40分間通してこのメリハリがしっかりできた。話の後の質問も、水の大切さとか砂の恐怖とかを感じられるもので、しっかり伝わったと自己満足。

続いてマンダルワさんの馬頭琴。馬頭琴の説明やモンゴル事情などを交えながら2曲演奏。何人かの子供に体験演奏をさせて、さらに1曲。こちらも安定の内容。最後に子どもたちから感想とお礼の言葉。今回も充実した内容だった。

校長室でしばし懇談。これで今年度の僕の出前講座は終了。マンダルワさんとはまた来シーズン。ということで菜の花満開の遠賀川沿いをドライブ。

毎年「スーホの白い馬」の学習に合わせて2年生向けにモンゴル講座を担当する。1月下旬から2月まで。1月は一番寒い時期で毎年インフルエンザで学級閉鎖の心配もしながら始まり。春の気配を感じる頃に終わる。

今年はどれだけ子供たちの心に響く話ができたか。反芻しながら春のドライブを楽しんだ。


| 講演 | 07:43 AM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他