社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2018,09,25, Tuesday 02:40 PM


9月25日(火)

15時過ぎに小城高校に到着。樹齢600年の大楠が目に飛び込んでくる。

今日は高校三年生約240名に向けた職業人講話。といっても「佐賀未来創造基金」の山田理事長の講演の時間を少しいただいて、お話しさせていただくだけだが・・・。
しばらく応接室で校長先生の熱いお話を聞いて体育館に移動。生徒たちはすでにお行儀よく座っていた。

15:40スタート。
まずは山田さんのお話。大学時代の挫折や今の事業に至るまでの経緯が興味深い。
続いて今回のお話をつないでいただいた「ようこそ小城」の西岡さんが「夢ぷらっと小城」の市民活動センターの紹介。

続いて僕の「塩を売って緑を買う男」の話。時間は15分。
ただでさえ時間がないのに大学時代の話から始めたので青年海外協力隊時代→砂漠化の恐怖→塩→植林のところで時間が来てしまった。
オルドスでの新しい取り組みや小城での活動の話はバタバタ。5分オーバーしてしまった。

どこまで伝わったか・・・。何人の生徒の心に響いたか・・・。時間配分は大事なのでちょっと反省。
講演後には海外支援に興味がある生徒が質問しに応接室に来た。いろんな質問をしてきたが、結構具体的で的を得ている。将来が楽しみだ。

夜フェイスブックに知人が「息子が講演を聞いた。塩、塩と言っていた」とのコメントがあり、やっぱり小城(佐賀)は人と人の距離が近い(狭い?)と実感した。
福岡にいた頃は小学校から大学までいろいろ講演依頼があったが、佐賀では無名の新人なのでなかなかこういった機会がなかった。機会を与えていただいた山田さんと西岡さんに感謝。

「塩を売って緑を買う男」の話を次世代に語り継ぐのも大事な活動の一つなのでこれを機に佐賀での出前講座の機会を増やしていきたい。



| 講演 | 02:40 PM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他