社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2016,07,25, Monday 04:12 PM


1991年8月20日、初めてオルドスの大地を踏みました。今年の8月20日に25周年を迎えます。その日に向けて写真で25年の歴史を振り返る企画を進めていますが、もう一つ目玉があります。それは新商品の販売。1つずつ今までのつながりや活動の中で温められてきたもの。別に狙っていたわけではありませんが、この時期に一気に花を咲かそうとしています。

実はバンベンの塩の売り上げの多くは業務用が占めています。飲食店や食品加工会社など。しかし単価も安く、利幅も少ない、何よりこれだけではバンベンのビジネスを通じた砂漠緑化事業を知ってもらうことができません。バンベンオリジナルの商品の販売を広げることによって、バンベンの活動を知ってもらい、知ってもらうことにより売り上げアップにつながる・・・という好循環を生み出していかなければなりません。モンゴル岩塩やラーモンは少しずつ売れていますがまだ大きな流れになり切れていません。

もっとラインナップを増やすこと。そしてもっとバンベンの想いが伝わる商品を・・・。ということ生まれた商品が「バンベンの木になる塩」。

バンベンの塩の故郷は内モンゴル西部のジランタイです。ここでは塩の湖から採れる天日湖塩と地下から採れる岩塩があります。今まで食のプロの方々に塩を販売していて感じた事。主に焼鳥屋さんやてんぷら屋さんは荒粒の天日湖塩を好まれます。総菜屋さんや食品加工場では粒の細かい溶解岩塩が好まれます。それぞれの良さを活かした塩を一般のご家庭で使っていただきたい。そこで、ジランタイの天日湖塩と岩塩を最適な割合でブレンドしたバンベンオリジナルの塩を開発しました。

さらに塩1袋ご購入で植樹1本分(50円)をオルドスの砂漠緑化に投入します。

内モンゴルの美味しい恵みを享受し、砂漠緑化にも貢献できる「バンベンの木になる塩」、本日発売開始です!これからバンベンの旗艦商品に育てていきたいと思います。よろしくお願いします!





| 日記 | 04:12 PM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他