社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2013,04,25, Thursday 02:28 PM


4月14日(日)

自由解散。学校や任地に帰る人、引き続き旅行を続ける人。

僕とノリブは残った3人の留学生を連れてノリブの実家にある「オルドスの風、砂桃栽培基地」へ。

昼食の後、留学生たちは「垂柳」の苗を圃場に植える作業のお手伝い。僕は2年間、植えてきた砂桃の生育状況確認のため1人砂漠を歩いた。

今日も風が強く、砂をかぶりながら砂丘を登っては降り登っては降り、2時間かけてじっくり観察した。今年はまだ一度も雨が降っていないので、砂丘の上のほうのものはだいぶ枯れている。

砂桃の半分以上は生きているようですが、新芽がウサギやネズミに食われているものが多く、これではなかなか成長できない。だんだん気持ちが沈んでくる。

それでもところどころでピンク色の花が咲かせていた。こんな厳しい環境の中でもたくましく可憐に生き抜いている。希望が見えてきた。

とにかく植え続けるしかない、気持ちを新たにして砂漠ウォッチングを終えた。

その後、留学生たちが手伝っていた農作業に合流。作業が終わって、夕方からは隣の牧民の家を訪れ乗馬体験。そして素朴なモンゴル料理に舌鼓。

砂が舞っているので残念ながら満天の星は見られなかったが、留学生たちにとっては貴重なモンゴル体験。みんな大満足。その後車で1時間半のところにある楡林という町まで。留学生はそこから夜行列車に乗って北京へ。

僕は安宿に泊まって資料整理。明日からも盛りだくさんの予定がまっている。



| 海外出張・植林 | 02:28 PM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他