社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2013,02,26, Tuesday 04:54 PM


22日(金)

1年ぶり?にネクタイを締めてスーツ姿で出発。新しく買った革靴はまだ馴染んでないので少し足が痛い。

時間があったのでホテルの近くにある浅草寺へ。修学旅行生や外国人で大賑わい。人が多すぎてあまり居心地がよくない。

16時前にイースト21ホテルへ。ここで「eco japan cup」の表彰セレモニーが行われる。夏にたまたまフェイスブックの投稿で知ったエコビジネスの芽を見つけ育てるコンテスト「エコジャパンカップ」。

応募しようと思ったが、気づいたら9月の締め切りが過ぎていた。しかしなぜか締め切りが延長さていた。これは僕に応募しろと神様が言っているのか、と勝手に解釈。バンベンのビジネスプランを慎重に分かりやすく応募用紙に落とし込んで行った。そして延長された締め切り時間の1時間前に無事。ネットで応募完了。

1次審査(書類)は難なく突破。2次審査は自腹で東京まで行って、面接&質疑応答。この時はパワポすら使えなかったので、審査員の共感を生むのは難しいと思っていたが、夢のある話と好印象。2次審査も無事突破。最終審査は12月9日。この日は「通訳案内士(中国語)」の口述試験もあったが、それをあきらめて、こちらの最終審査に挑んだ。

またもや自腹で東京まで。ライバルは10社。廃油の再利用、省エネ、クラゲの有効利用など技術系の企業がほとんど。僕はストーリーと夢で勝負するしかない。「塩を売って緑を買う男」という童話のようなタイトルが異彩を放っている。

結果は大賞は逃したが、「審査員特別賞(北野賞)を受賞した。優れた技術なの何もない。夢とストーリーしかない事業がここまで来れたことは本当に誇らしい。

16時からはまず受賞者の個別の写真撮影。続いてレセプション会場で全体写真撮影。18時からレセプション開始。環境分野での著名人や国会議員のあいさつが続く。

乾杯の後は早速授賞式。ビジネス部門の他カルチャー部門、ライフスタイル部門、ポリシー部門などがあり各部門大賞の他複数の賞がある。各部門ごとに受賞者がステージに一人一人に賞状を渡してプレゼンターと記念写真。最後に受賞コメント。多くの受賞者がいるので、かなり時間がかかるが、大賞以外の受賞者にもこういったハレの舞台を与えてもらって非常に有難い。

僕はミュージックセキュリティの小松社長から賞状をいただいた。非常に身が引き締まる思い。自分の出番が終わると後は同じテーブルの方々と懇談。同じ環境分野でもやっていることは様々。話を聞いていてとても参考になる。

みなさん口を揃えて言われるのが「時代が事業(商品)に合ってきた」「これからがチャンス」ということ。以前はあまり注目されなかった技術や商品が今脚光を浴び始めている。バンベンの事業もそんな感じがする。じわじわきている。経済と環境の好循環を創造する同志たちとつながれて本当によかった。これからもこのつながりを継続していきたい。

ホテルへの帰り道。雷門から浅草寺へ。夜は人も少なく歩いていて気持ちがいい。またライトアップされていて美しい。近くにある「スカイツリー」とのコントラスト。下町の屋台や居酒屋。なかなかいい。

しばらくあたりを歩いてビールを買い込んでホテルへ。今宵は一人で部屋飲み。ビールを飲みながら今回の東京出張を振り返った。

*授賞式の様子はこちらをご覧ください。1時間6分25秒あたりから僕が登場します! 

| イベント、催事 | 04:54 PM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他