社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2008,03,18, Tuesday 10:05 PM
今日は久々に天神へ。いつも電車+地下鉄を使うが今日はバスで行くことにした。国道495号+都市高速で約1時間、ゆったりとした気分が味わえた。

天神ではまず銀行で手続関係。相当時間がかかることを覚悟していったが、今回はあっさり終わった。行員の対応もよかった。銀行も進化していっているのかもしれない。

ちょうど昼食の時間。いつもはラーメンなどでさっさと済ますところだが、次の予定までかなり時間があるので、市役所の最上階の喫茶店でゆっくり食すことにした。市役所なので全体的に安い。ここぞとばかりに普段食べられないサーロインステーキ定食を注文。コーヒーをつけても千円かからない。新聞を読みながらゆっくりとランチを堪能した。

まだ時間がある。博多駅方面まで歩いて向かうことにした。この時期はどこを歩いても気持ちいい。中州の川沿いからキャナルシティを抜けて博多駅まで40分かけてゆっくり歩いた。配達用の岩塩をかかえての散歩だったので、汗がにじんできたがその分そよ風が吹くといっそう気持ちよく感じられる。

14時ちょうど博多駅に着いた。今日は東京から某有名企業の責任者がわざわざ来福。モンゴル岩塩や重曹の商談ではない。「オルドスでの砂漠緑化事業の経験や手法について話を聞かせてほしい」とのこと。東京にも名立たる砂漠緑化NGOがたくさんあるのにわざわざ福岡まで緑化のことで来ていただけるとは・・・。もともとオルドスの緑化を進めるために会社を起こしたので、僕にとっては大きな商談よりうれしいこと。

近くの喫茶店で1時間半、自分の経験に基づき淡々と話を進めた。某企業の環境に対する取り組みやこれから進めようとしているモンゴル緑化事業に対する想いなども聞けた。「緑化すべき場所を見極め、現地の人の生活向上と生態回復が両立するような支援を行うことが大事」この点ではぴったり意見が一致した。大企業でもこれだけ環境のことを真剣に考えているところもある、なんだかこちらも勇気づけられる。今後、緑化事業についていろんな協力ができる、かも。

最後に近くの焼肉屋に岩塩を届けて今日の仕事は終わり。身も心も軽くなり晴れ晴れとした気分で家路に着いた。




| 日記 | 10:05 PM | comments (0) |
comments (0)















 空欄に画像の文字を入力してください

ページ上部へ ↑

カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他