社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

 
2017,08,22, Tuesday 03:18 PM


8月17日(金)

6時起き。押入れから馬頭琴を取り出し、1回弾いて松脂を塗る。プロジェクターがなかった時のことを考えて、A3とA4の写真をバタバタと用意、不揃いだがしょうがない。岩塩も用意。

7時に出発。今日は久々の出前講座。しかしちょっと不安。いつもなら講座の責任者から事前に電話連絡が来て、打ち合わせして講座を実施するが、今回は事前連絡がなかった。きのうこちらから電話したが、不在。人数や対象者や持ち時間などは融通が利くが、駐車場の件やプロジェクターが使えるかどうかは確認しておきたかった。

八木山バイパス、322号線を通って、9時すぐに近くのコンビニで時間調整。スライドの順番を確認。気持ちを落ち着けて、南小倉アンビシャス広場へ。

さっそく悪い予感が的中。駐車場が用意されていない。障がい者用以外は満車。事務所の人に言って、障がい者用の駐車スペースに入れるように言われて、不本意ながら、そこに車を入れた。すぐに別の人から、「障碍者の方が駐車できないので早く出してください。」と言われ慌てて車を移動。少し開いていたスペースに何とか駐車。こちらが悪いわけではないが、何だか罪悪感を感じる。

講座は10時にスタート。小学1年から3年生まで約50人が畳の広場にすっぽり収まった。まずは末永さんの韓国事情。言葉や歌や民族衣装など多彩で子供たちも楽しそう。
続いて僕の番。プロジェクターはやはりなかった。これはある程度予想していたので、出る前に催事で使うA3とA4の写真パネルで対応。しかし6枚程度しかなく満足の行くパフォーマンスはできない。植林のビフォーアフターや岩塩のところでは盛り上がってくれたし、馬頭琴のぎこちない「きらきら星」もインパクトあり。それなりの手ごたえはあった。また一つ応用力が身についた気がした。

休憩をはさんで流しそうめんを子供たちと一緒に頂いた。楽しいく美味しい。なかなかこんな体験はできない。終わりよければすべてよし。最後は気分よく会場を後にした。

帰りは合馬の山道を通って遠賀川から犬鳴峠へ。景色を堪能しながらドライブを楽しんだ。

時々ゲリラ豪湯に合いながら。ウエストカフェで少々作業。18時に帰宅。夜はオルドス家で教え子たちとの再会が控えていた・・・。(つづく)

| 講演 | 03:18 PM | comments (0) |
comments (0)





 

ページ上部へ ↑

カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他