社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

 
2017,06,22, Thursday 05:17 PM


6月18日(日)

11時に出発。いつの模様に高速は使わず、国道、県道を駆使して14時前に門司港着。うちの商品を扱っていただいている「ティールームセンガク」さんにて商品の補充と精算。

その後関門トンネルを通って下関へ。県道34号線を快走。この道はカーブがゆったりとしていて風光明媚で走っていて本当に気持ちいい。左折するところを間違えてしまったらしく、道幅の狭い山道に入り込んでしまった。一応国道だが、道が狭く急カーブが続く。ひやひやしながら通り抜け、だいぶ遠回りして17時前に道の駅「蛍街道西ノ市」に到着。

4月のアースデイ関門の時に車中泊をしたところ。その時、6月に「ホタル船」を運行するということを聞いて再びやってきた。

実は5月に予約しようと思ったら、すでにどの日も満席。6月に入ってダメもとでもう一度電話したら、最終日(18日)の最終便に2人キャンセルが出たとの事。ラッキーだった。

20時50分集合だったのでまだまだ時間がある。道の駅の温泉に入ろうと思ったが露天風呂が修理中ということで、近くの一の保温泉観光ホテルへ。ちょうど宿泊客は食事の時間なので露天風呂を独占状態。ぬるめのお湯にゆっくり浸かってリフレッシュ。それから道の駅の近くのスーパーで総菜やつまみやビールを買ってイートインコーナーでゆっくり夕食。

スーパーを出ると辺りはすっかり暗くなっていた。道の駅に戻って20時50分にバスに乗り込む。木屋川の船着場で下車。一帯は天然記念物にも指定されているゲンジボタルの生息地。待合室で待機。健ちゃんはホタルのゆるキャラに遊んでもらってご満悦。

9時半、いよいよ乗船。もうすでにホタルが飛び回っている。定員25名ほどの素朴な船。ゆったりとした竿さばきで進んでいく。この日がホタルのピークらしく、幾千万のホタルが黄色い光を点滅させながら乱舞している。それが水面に映って光の中を彷徨っている感じ。最近はLEDを使ったイルミネーションが人気だが、この自然の光のショーには勝てない。

健ちゃんのそばにホタルがやってきた。しばらく漂っていたが、健ちゃんが掴もうとした瞬間に逃げて行ってしまった。その後も健ちゃんは小さく「ワーッ」と声をだしながら、幻想的な景色を目に焼き付けていた。

船頭さんの語りがまたいい。27年間続くホタル船の歴史、ホタルを守るための取り組み、そしてそれが青少年育成や地域おこしにもつながっている。船頭さんが熱く語れば語るほど、「そうだ!そうだ!」と歓声を上げるようにホタルたちが懸命に光を放つ。

最後にハーモニカで「ふるさと」の演奏。そして「これが今年最後の船。明日から久々に子供たちと晩御飯が食べられる」と安堵の表情を見せていたのが印象に残った。町の有志たちの手作りのイベント。これからもずっと続けていってほしい。そして健ちゃんが10才くらいになったらもう一度「ホタル船」に乗せてあげたい。今日のことは覚えてないだろうが、どんな感想が聞けるか、楽しみだ。

*ホタル船の動画は「蛍ミュージアム」のHPでご覧いただけます。http://www.hotaru-museum.jp/


| 日記 | 05:17 PM | comments (0) |
comments (0)





 

ページ上部へ ↑

カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他