社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2019,05,02, Thursday 03:46 PM


4月30日(火)

世の中は「平成」から「令和」に向かって大きく動き出している中、バンベンでも大きな変化が・・・。

雨の中、バンベン号に乗ってトヨタの販売店へ。13年一緒に歩んできた2代目バンベン号とも今日でお別れ。

13年間17万キロ。来年3月まで車検があるのでそのタイミングで新車と交代させたかったのだが、ツルツルのタイヤや弱くなったバッテリーなど来年まで乗り続けるといろいろメンテ費用もかかる。資金的にはきつかったが、この時期の新車購入となった。

バンベン号は人だけじゃなく塩(商品)も運ばなければならない。安全性と容量と快適性を考慮し購入したのがサクシード(ちなみに1代目は中古の軽ワゴン)。

ある時は商品や長机を目いっぱい積んで展示会に挑んだ。またある時は車中泊をしながら九州営業の旅に出かけた。家族ができてからは保育園送り迎えや買い物など日々の生活からドライブや長期旅行など公私ともに欠かせない存在。

最小限のメンテしかしてないし、少々のキズはほったらかし、ろくに洗車もせず、終盤は健のオムツ臭がこびりつき、まさに満身創痍の状態。こんな大雑把な扱いを受けたにもかかわらず、一度の故障もなく、最後まで任務を全うしてくれた。本当に感謝しかない。最後は洗車をして低調に次のステージに送り出した。

そして迎えた新車(3代目バンベン号)は、、、。もちろんサクシード。

今度はダークブルー、今度はハイブリッド。静かな走りだし、より機能的になった収納、そして新車の香り・・・。

2030年のセミリタイヤの日まで活躍しれもらわなければならない。これからの10年は世の中もバンベンも激動の時代を迎えるような気がする。

今年から始まる新しい取り組みや未来のバンベン(事業&家族)に思いを馳せながら3代目バンベン号の初乗りドライブを楽しんだ。

| 自分のこと | 03:46 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,08,09, Thursday 10:59 AM


8月9日(木)

3月29日から始めた「小城ミリオンウォーク」(4か月で100万歩歩く。8333歩/日)7月27日に無事達成した。

博多にいた頃は普段から博多駅や天神まで歩いていた。駐車場に行くのも買い物するのも10~15分歩いていた。意識しなくても8000歩は歩いていた。小城に引っ越してきてどこに行くにも車を使うので全然歩かなくなってしまった。毎日わざわざ8000歩歩く。それを4か月続けるのは結構大変。梅雨の時期は雨で歩けないし、梅雨明けも猛暑の中歩くのは結構つらいものがあった。

佐賀市内で飲んで夜中0時過ぎから小城の自宅まで10㎞以上歩いたこともある。国道34号線は歩道があるが、街灯がないところ。誰も歩いていないのか蜘蛛の巣がいっぱいのところなど結構大変だった。

自然が多く麦の収穫や田植えなど季節を感じながら歩けたのはよかった。個人的には祇園川や晴気川沿いの土手の道は見晴らしがよくてお気に入りのコースだった。ただところどころ草ボウボウで歩くのが大変だった。

小城を歩いて小城の風景や風を感じながら歩いているとだんだん自分がその地になじんでいくのがわかる。小城の風景や風が自分を受け入れてくれているような安心感が出てくる。

ミリオンウォークを達成した人は約10年で84人。僕が84人目。始めた頃は挑戦者が多かったがだんだん減って生きているという。

1日8333歩を4か月歩くミリオンウォークは達成感があって健康になって町の治安にも役立って素晴らしい取り組みだが小城市民にあまり知られてないようだ。もったいない。ぜひもっと多くの市民に「ミリオンウォーカーになってほしいし、お気に入りのウォーキングコースを見つけてほしい。

| 自分のこと | 10:59 AM | comments (0) |
comments (0)





2018,06,24, Sunday 09:31 AM


6月24日(日)

最近の休日はあまりお金をかけずに地元で楽しく過ごすがモットー。

午前中は「ゆめぷらっと小城」で行われていた「ぷら~っとふれあいフェスタ」へ。おいしいパンや焼き菓子、カレーやコーヒーなどの販売を始め、パン作り体験や、ミニSL乗車、折り紙ヒコーキ教室、絵本の読み聞かせ、絵本カバーで手提げ袋を作るワークショップなど、子供から大人まで楽めるイベント。

まずはミニSL乗車体験。電気ではなく石炭で動く本格的なもの。健も大喜び。妻が一番喜んでいたか。
続いて折り紙ヒコーキ教室。よく飛ぶ紙飛行機のコツなどいろいろ教えてもらいながら折っていく。そしてできたものを飛ばす。健ははじめ下にたたきつけていたが、徐々にコツをつかみ前に飛ばせるようになっていた。

昼はアムールのカレー。健も食べれる優しい辛さ。

続いて鍋島家tenにあるバンベン菜園へ。ちょっと見ないうちに雑草が大雑把に草取り。マルチに植えた空芯菜はよく芽が出ている。その隣の落花生は雑草を取り除くとちょっと発芽していた。まだまだだ。里芋は順調。トマトは実が重たくて倒れていたので紐で釣り上げた。レモングラスはボウボウ。

水やりは健が担当。最初は真面目に畑にかけていたが徐々に暴走。両親ともびしょ濡れ。

帰宅後ちょっと昼寝。夕方から僕だけウォーキング。祇園川沿いや田植えで忙しそうな田園を1万歩ほど歩いた。

夜は健を早く寝かせてサッカー観戦と思っていたが、健がなかなか寝ない。健もW杯を見たいのか。24時に日本対セネガル戦スタート。取られては取り返す好ゲーム。2-2の引き分けだったが、なかなか見ごたえがあった。健も最後まで起きていた。明日の保育園は大丈夫?

| 自分のこと | 09:31 AM | comments (0) |
comments (0)





2018,06,18, Monday 09:38 AM


6月18日(月)

梅雨の晴れ間の月曜日。健を保育園に送った後、ホタルの里に車を停めてウォーキング開始。まずは祇園川沿いを北上。アジサイや田植え作業を見ながら、のんびり歩く。

長崎自動車道をくぐり浪松橋のところを右折。ひたすら上り坂。と言ってもそれほど急じゃない。ダラダラと曲がりくねった道をひたすら歩く。きつくはないが汗が噴き出る。
休憩広場まで一気に登って休憩。江里山の棚田は日本棚田百選に選ばれているだけあって美しい。道を上っていくと。角度によっていろんな表情が楽しめる。

棚田の奥の農村公園からは佐賀平野や有明海、遠く雲仙の山々が一望できる。

さらに登って沢沿いの山道を進んでいくと七曜滝。それほど落差はないが秘境の滝といった感じ。

ちょっと戻って、水筒の水がなくなったので、湧き水(甘露水)を補充。本当に甘くて体に染み渡る。

まだ体力的に余裕があったので、ここからコースを逸れて西側の太鼓でお世話になっている石体集落まで。こちらは棚田もなくこじんまりした感じ。
そこからどんどん坂道を下って祇園川沿いの道に戻った。天山酒造の建物が川沿いの風景にマッチしている。

その後、馬場や松尾の集落の小道を歩いてホタルの里に戻った。

約14km、高低差約300mのコースだがそれほどきつくはない。車も少なく歩きやすい。何といっても景色が素晴らしい。

今度はもっと東の清水の滝から江里山、石体と巡ってみたい。

| 自分のこと | 09:38 AM | comments (0) |
comments (0)





2018,06,01, Friday 09:09 AM


6月1日(金)

3月29日から始めた「ミリオンウォーク」(4か月で100万歩歩く)。
5月も一生懸命歩いたが、結果は240472歩(7757歩/日)。
1日8333歩、歩かなければならないが、足りてない。月では17861歩のマイナス。開始からは27570歩のマイナス。
博多にいた時はよく歩いた。博多駅や天神まで歩いて行ったし、家から駐車場まで10分以上かかっていたので、特に意識しなくても8千歩/日くらいは歩いていた。小城に引っ越してきてからは、移動は専ら車。意識しなければ千歩/日も歩かなくなった。

今月は今までのマイナスを帳消しにしたい。9252歩/日歩く。最近お気に入りの散歩コースは祇園川沿いの道。整備されていない草むらみたいなところもあるが、とにかく歩いていて気持ちいい。この時期夜歩くとホタルがちらほら。

歩くのは健康にいいだけではなく、ゆっくりと流れる景色を見ているだけで気分が穏やかになるし、ふと面白いアイデアが浮かんでくることもある。僕にとっては再説な時間。
7月28日のミリオンウォーク終了時には小城のあらゆる道を歩き尽くし、自分なりのベストな散歩コースを作りたい。

| 自分のこと | 09:09 AM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他