社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2018,12,30, Sunday 05:33 PM


5月26日、27日の二日間にわたって、「日本も元気にする青年海外協力隊OB会」総会がJICA東京で開催された。集まったのは全国のOBOGだけではく、派遣前の隊員候補生やJICA職員の方も参加。

13時半スタート。最初は自己紹介。約30名が自分の想いを熱く語る。1人2,3分ということだったが、どんどん時間が伸びて、これだけで2時間以上経過。年齢も出身地も任国も職種も今の仕事も想いも語り方も様々。これを聞くだけでも来た甲斐があったと思えるほどだ。

その後、18時までワークショップ。グループに分かれて協力隊の海外の経験をどう日本で活かしていくか、活発な議論が繰り広げられた。

チェックインを済ませてお楽しみの懇親会。お酒を飲みながらお互いの思いの丈をぶちまけた。

お土産に持ってきた「木になる塩」「ラーモン」「大草原のはみがきこ」も大好評。特にこれから任地に赴く隊員候補生に優先的に持って帰ってもらった。

翌日は9時から。やや二日酔い気味の中。ワークショップが続く。昼食をはさんで15時までひらすら話し合う。だんだん会としての方向性やその中で今年やるべきことなどがまとまっていく。

あっという間の2日間。成田空港までの電車の中や機内でビールを飲みながら反芻する。

「協力隊は帰国後のほうが長い、社会貢献できる、そして楽しい!」が持論。同じように思っているOBOGの方々とつながりたいという想いから、この会に参加した。思った通り様々なアイデアやつながりができた。

「外国人・教育福祉機関・企業を地域にどう取り込んでいくか」「地域おこし協力隊との連携」「地域で頑張るOBOGの掘り起こし・連携」など・・・。

いずれにしても各地域でキラキラと活躍する協力隊OBOGが増え、そのOBOGが緩やかにつながっていけば日本や世界を元気にする強力なネットワークになる、はず。

まずは自分の活動をしっかり進める。まだ小城での活動は始まったばかり。2,3年後には会の皆さんに自分の活動を見に来てもらえるようになっていたい。


| 国内出張 | 05:33 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,12,30, Sunday 05:26 PM


5月16日(水)

1か月ほど前に友人から中国人客の人間ドックの通訳の補助をやってくれないかと頼まれた。そんなに中国語はできないから無理、と最初は断った。大したことないから心配ない。中国語を喋れる人は名古屋にたくさんいるがプライバシーにかかわることなので信頼できる人にやってほしいとのこと。ここまで言ってもらえるとやらないわけにはいかない。1か月あるから十分準備して臨みたいと思った。

そして1か月忙しさにかまけてほとんど準備することなく出張の日を迎えた。朝早く起きてネットから人間ドック中国語の例文を探したが見当たらない。ちょっと範囲が広いが医療中国語の例文をピックアップしてコピペして、行きの新幹線の中で猛勉強。名古屋のホテルで夕食後にまた勉強。

受験生の一夜漬け状態。何を任せられるか戦々恐々。時間だけが過ぎていく。日付が変わって、まあ、しょうがない。補助ということだから、誘導など簡単なことかも。いざとなればジェスチャーや筆談で何とかなるだろう、と高をくくってビールを流して就寝。

8時にホテルのロビー集合。9人のお客さんに日本語ペラペラの中国人の友人、少しできる僕、クリニックの中国人スタッフ(入ったばかりで専門用語に難あり)、中国語が少しできるスタッフ(日常会話)で通訳対応。

人間ドックフルコース。9人が順番にやっていくのではなく、空いているところにどんどん入っていく。必要に応じて「通訳さんこっちに来てください」と呼ばれる。中国語のレベルに関係なく呼ばれたら通訳するしかない。

最初は問診室で事前アンケートの書いていないところを確認。お酒を飲むか、運動は?というような内容。そして診察室での触診、聴診器。何を言っているかわからないときは漢字を書いてもらう。何「松本病」こっちはさっぱりわからないが、医師には通じた。

以外に難しかったのが腸部CT。最初に注射を打つが何にために?おしりに管を入れてガスを注入。仰向けうつぶせ。右の腰をちょっと挙げてなど。瞬時に出てこない。後は簡単な診断結果の説明。

本当にたどたどしい中国語で申し訳なかったが、何とか支障なく終わらせた。及第点。次頼まれたらもう少しスマートにこなしたい。

13時に検査を終えた5人を連れて近くのレストランで昼食。あと4人は腸カメラがあるので夕方までかかった。そしてみんなで夕食。検査の後なのでみんなバクバク食べていたが、お酒は禁止とのこと。僕だけビールを飲みながら。

20時に終了。お役御免。夜の名古屋の街をふらふら歩いてたどり着いたのはモンゴル料理「シンキロー」。オーナーのボルドーさんと会うのは10年ぶりか。ちょうどお客さんも帰ったところ。羊とビールで遅くまでとことん語り合った。

| 国内出張 | 05:26 PM | comments (0) |
comments (0)





2018,01,23, Tuesday 01:04 PM


1月21日(月)

先週は5日間の一人旅。

4年前に結婚して子供にも恵まれ毎日充実した日々を送っているが、どうしても足りないものがあった。

それは孤独な時間。一人でじっくり考える時間。自分とじっくり向き合う時間。独身の時は1週間くらいどこかに行って誰とも連絡を取らず引きこもったりできたが、家族ができたらなかなかそんなことはできない。

先週妻がそんな時間をプレゼントしてくれた。妻自身も仕事・家事・育児に大忙しなのに本当に感謝しかない。

場所はどこでもよかった。ゆっくり歩けて、ぼっとできて、誰とも話さなくて済む所。

頭の中を空っぽにして自由に思考を転がしてブラブラして。夜はホテルの部屋でビールを飲みながら・・・。

自分の過去と未来と今を行ったり来たりしているうちにこれから本当にやりたい事、やるべきことがおぼろげながら見えてきた。

ここ数年意識していること「志を持って漂う」。

今年はもっと極められそうだ。

| 国内出張 | 01:04 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,11,09, Wednesday 10:30 PM

11月9日(水)

急な仕事で広島に行くことになった。家族旅行を兼ねて3人で広島へ。高速を飛ばして11時過ぎに前から行きたかった宮島へ。
渡船で10分。日差しは優しく、風が強く冷たい。健ちゃんが風邪をひかないようにフル装備で宮島上陸。今日の目的地は厳島神社ではなく、標高535mの弥山。
色づき始めた木々を見ながら紅葉谷まで3人で歩く。ロープーウエイの駅のところで別れる。僕は登山道、妻と健ちゃんはロープーウエイで向かう。登山道は結構外国人が多い。途中から急な石段が続く結構ハードなコース。息が切れる。頭から汗が滝のように流れる。休み休み進んでロープーウエイコースでの合流地点へ。

弥山まであと700m。残りは3人で歩く。健ちゃんを抱っこして汗をかきかき、ゆっくり登っていく。重力を感じる。腰にズッシリ、足ガクガク。でも健ちゃんを抱っこして歩くといろんな人が声をかけてくれて励まされる。最後の急な石段を超えて、岩のトンネルをくぐって、どうにか頂上の弥山展望台にたどり着いた。

風が心地よい。瀬戸内海の絶景にパワーをもらえる。岩肌が神秘的。やはり神の島だ。
妻の手作りの弁当を広げる。美味い。そしてお待ちかねのビールタイム。苦労して登った甲斐があった。健ちゃんのほっぺが冷たくなっていてちょっと心配だったが、離乳食の食べっぷりをみてやや安心。妻も産後初めての登山で満足そう。

しばらくゆっくりした後下山。ゆっくり慎重に石段を下りて、帰りは3人ともロープーウエイ。サクッと紅葉谷まで。

そこから厳島神社を参拝。修学旅行生でごった返していた。健ちゃんは女子高生に大人気。日が暮れるまで、じっくり宮島を楽しんだ。

宿は広島空港近くのリゾートホテル。ゆっくり温泉に浸かって登山の疲れを癒した。

11月10日(木)
10時までホテルでゴロゴロ。昼食はショッピングモールのサイゼリヤ。その後、14時に営業先へ。商品説明と価格の提示。15分で業務終了。後は果報を待つのみ。
雨が降り出したので午後はどこにも寄らず高速を飛ばしてサクッと帰った。仕事15分残りは家族サービスの広島の旅だった。


| 国内出張 | 10:30 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,09,09, Friday 11:36 AM


3日(土)
朝早く起きて内牧周辺を散歩したかったが、ギリギリまで爆睡。9時半にバタバタとチェックアウト。この日も曇り空。台風はまだ九州の南のほうでノロノロしている。窓を全開にして森の風を浴びながら蝉の残り鳴を聞きながら、23号線を快走。この道はちょっとグネグネしているが、変化に富んでいて心地いい。

11時に山鹿やすらぎの里「楽心館」に到着。青年海外協力隊熊本OV会の交流会に参加。OVやその子供など20人くらい集まっていた。「楽心館」を経営しているのも協力隊OBの荒木さん。1部はOVの熊本地震復興支援の取り組みなどの発表会。震災した子供たちを対象としたサマーキャンプの報告や熊本地震後の炊き出しでの苦労話など、さすが協力隊経験者はフットワークが軽い。僕も「塩を売って緑を買う男」の話をさせてもらった。ここでも共感の輪が広がる。特に新発売の「これ一本」は熊本の食品工場に製造をお願いしているので復興支援にもつながる。たくさん買っていただいた。

2部は昼食をとりながらの懇親会。いつもの協力隊話に花が咲いた。ほとんどが初対面だが協力隊のOBOGというだけでどこでも誰とでも心を開いて話ができる。最強のネットワーク。健ちゃんもいろんな人に抱っこされて満足そう。最後は温泉も堪能。また面白いつながりができた。

その後、菊池の味噌作りの名人T氏を訪ねた。T氏は無農薬で米大豆麦を作っていて、その安心安全な作物を原料に味噌も作っている。そしてそのこだわりの味噌にバンベンの塩を使っていただいている。台風が迫ってお忙しい中、お時間をとっていただいた。安心安全美味しい農業の取り組みに感銘を受けた。「塩を売って緑を買う男」を演じているといろんな偉人と出会うことができる。バンベンの取り組みや新商品「これ一本」も評価していただき、勇気が出てきた。

この日も阿蘇に泊まる予定だったが、台風の進路を考慮してより福岡に近い玉名温泉に宿泊先を変更。17時過ぎに「ホテルしらさぎ」に到着。2人2食付きで21500円のところ復興割が利用できたので、7500円で泊まることができた。ほどんど食事代だけといった感じ。有り難い。夕食はバイキングでそれなり、といった感じ。団体客も多くにぎわっていた。温泉はなぜか人がほとんどいなかった。露天風呂を独占にてしばし瞑想に耽った。部屋は広々10畳の和室。窓からの眺めもいい。健ちゃんは端から端までハイハイし放題。散々動き回って汗かいてバタンキュウ。その後は二人でビールタイム。観光・交流・ビジネスの旅を振り返った。


| 国内出張 | 11:36 AM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年01月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他