社長・坂本毅の『バンベン日記』


 

2017,06,22, Thursday 05:17 PM


6月18日(日)

11時に出発。いつの模様に高速は使わず、国道、県道を駆使して14時前に門司港着。うちの商品を扱っていただいている「ティールームセンガク」さんにて商品の補充と精算。

その後関門トンネルを通って下関へ。県道34号線を快走。この道はカーブがゆったりとしていて風光明媚で走っていて本当に気持ちいい。左折するところを間違えてしまったらしく、道幅の狭い山道に入り込んでしまった。一応国道だが、道が狭く急カーブが続く。ひやひやしながら通り抜け、だいぶ遠回りして17時前に道の駅「蛍街道西ノ市」に到着。

4月のアースデイ関門の時に車中泊をしたところ。その時、6月に「ホタル船」を運行するということを聞いて再びやってきた。

実は5月に予約しようと思ったら、すでにどの日も満席。6月に入ってダメもとでもう一度電話したら、最終日(18日)の最終便に2人キャンセルが出たとの事。ラッキーだった。

20時50分集合だったのでまだまだ時間がある。道の駅の温泉に入ろうと思ったが露天風呂が修理中ということで、近くの一の保温泉観光ホテルへ。ちょうど宿泊客は食事の時間なので露天風呂を独占状態。ぬるめのお湯にゆっくり浸かってリフレッシュ。それから道の駅の近くのスーパーで総菜やつまみやビールを買ってイートインコーナーでゆっくり夕食。

スーパーを出ると辺りはすっかり暗くなっていた。道の駅に戻って20時50分にバスに乗り込む。木屋川の船着場で下車。一帯は天然記念物にも指定されているゲンジボタルの生息地。待合室で待機。健ちゃんはホタルのゆるキャラに遊んでもらってご満悦。

9時半、いよいよ乗船。もうすでにホタルが飛び回っている。定員25名ほどの素朴な船。ゆったりとした竿さばきで進んでいく。この日がホタルのピークらしく、幾千万のホタルが黄色い光を点滅させながら乱舞している。それが水面に映って光の中を彷徨っている感じ。最近はLEDを使ったイルミネーションが人気だが、この自然の光のショーには勝てない。

健ちゃんのそばにホタルがやってきた。しばらく漂っていたが、健ちゃんが掴もうとした瞬間に逃げて行ってしまった。その後も健ちゃんは小さく「ワーッ」と声をだしながら、幻想的な景色を目に焼き付けていた。

船頭さんの語りがまたいい。27年間続くホタル船の歴史、ホタルを守るための取り組み、そしてそれが青少年育成や地域おこしにもつながっている。船頭さんが熱く語れば語るほど、「そうだ!そうだ!」と歓声を上げるようにホタルたちが懸命に光を放つ。

最後にハーモニカで「ふるさと」の演奏。そして「これが今年最後の船。明日から久々に子供たちと晩御飯が食べられる」と安堵の表情を見せていたのが印象に残った。町の有志たちの手作りのイベント。これからもずっと続けていってほしい。そして健ちゃんが10才くらいになったらもう一度「ホタル船」に乗せてあげたい。今日のことは覚えてないだろうが、どんな感想が聞けるか、楽しみだ。

*ホタル船の動画は「蛍ミュージアム」のHPでご覧いただけます。http://www.hotaru-museum.jp/


| 日記 | 05:17 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,06,01, Thursday 05:18 PM


5月28日(日)

7時に出発したかったが、子供がいるといろいろ時間がかかる。8時半やっと出発。家族3人車で英彦山経由で豊前まで。3時間弱のドライブ。
窓全開で新緑の風景を駆け巡る。気持ちいい。英彦山道のカーブの連続で3人ともヘロヘロになったが、11時過ぎに何とか到着。

毎年恒例の梅ちぎり。5月なのに30度越え。日差しもあってなかなか厳しい状況。おまけに梅畑はほとんど放置状態。草ボウボウ。枝の手入れもなく密集した枝が上へ上へ伸びていて収穫しずらい。しかしこれこそ安心安全、自然農法?脚立を駆使して素早くちぎる。

1時間で10キロほど収穫。暑かったが蚊に刺されることもなく、ムカデにやられることもなく、無事作業終了。これでバンベンの塩の宣伝用の梅干を作る。

汗びっしょり。食事と温泉を求めて大任町の道の駅を目指すが、空腹の限界がきて途中の「源じいの森」へ。食事もおいしく温泉も広々していてくつろげた。

ビールタイムに突入したのでここからは妻に運転を任せ、大任道の駅へ。かなりにぎわっている。駐車場に止めるのも一苦労。ここの広場で健ちゃんを思いっきり遊ばせる(疲れさせる?)のが目的。初ゴーカートも体験し満足した様子。

帰りの車ではぐっすり。充実した休日だった。

| 日記 | 05:18 PM | comments (0) |
comments (0)





2017,05,30, Tuesday 05:21 PM


5月27日

14時からプサン・キリスト教大学の学生と先生、10名を対象に「塩を売って緑を買う男」の話。ここ最近、なぜか韓国の学生向けの講演依頼が多い。

うちの自宅兼事務所は狭くて入りきれないので、吉塚にある「キママクラブ」さんの事務所をお借りすることに。家族3人で、20分前に事務所に行って準備しようと思っていたら、入り口で学生たちが待ち構えていた。事務所には誰もいないので鍵を開けて、エアコンを入れて、プロジェクターをセットして・・・、とバタバタ準備。

13:50から講演スタート。福岡にソーシャルビジネス視察ツアーに参加している学生たち。通訳の方のテンポもいいので、ずっと熱心に聴いていただいた。質問も多く熱気ムンムン。

なんだかどんどん熱くなってくる。1時間で話は終了。妻と息子とも交流してもらい、最後に記念撮影。みんな汗だく。

ここで気づいてしまった。エアコン(冷房)はつけていたが、同時に床暖房もつけてしまっていた。どうりで熱気ムンムンな訳だ。文句も言わず、汗だくになりながら話を聞いてくれた韓国の学生に感謝。彼らの進路選択に参考になれば幸いだ。

先生にも共感していただいた。「7月に別の学生たちを連れてくるのでまた話してほしい」と依頼を受けた。

熱い暑い講演終了、ご一行は北九州へ。バンベン一家はコンビニでビール・ジュースを買って近くの公園でどこでもビアガーデンを楽しんだ。


| 講演 | 05:21 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,12,26, Monday 04:55 PM



12月19日(月)

9時、健ちゃんを抱っこして出発。博多駅方面へ。通勤の会社員とすり違いながら20分ほど歩く。日差しがまぶしく暖かい朝。2週間ぶり?の保育園。そのまま博多駅近くのカフェでパソコン作業。昼は家に帰って昼食&昼寝。午後はチラシのデザインや出荷作業。18:00終了。いつもの日常が戻ってきた。

昨日は健ちゃんがちょっとしゃべった。「ケンチャン」「ジョーズ」。そしてクリスマスのプレゼントが入っていた紙の長靴を僕に差し出し、「ドーゾ」と確かに言った。今までも「ママ」「マンマ」「パッパ」などは言っていたが、昨日は意志をもって言っていたような気がする。これからも健語録を記録していきたい。

夜はクリスマス気分を味わいたくて、家族3人で再び博多駅へ。恒例のクリスマスマーケット。適度な賑わい。ウインナー、チーズ、ホットワインそしてビール。ステージでは高校生の合唱団がクリスマスソングを歌っている。会場が幸せな雰囲気で覆われている。生ぬるいくらいの暖かさがちょっと拍子抜け。

健ちゃんはステージの女子高生には目もくれず、屋根から釣り下がっているイルミネーションをずっとうっとり見ている。僕はその瞳に映る散りばめられた光を見てどんな宝石より美しいと思った。

暖かすぎる年末。帰りがけにビールを買っていつもの公園でビアガーデンを楽しんで帰った。


| 自分のこと | 04:55 PM | comments (0) |
comments (0)





2016,12,21, Wednesday 04:49 PM

12月17日(土)

8時に何とか起きることができた。ばたばた朝食をとって9時前にチェックアウト。バンベン商品を詰めたスーツケースを転がして博多駅前の会議室へ。
10時から「第9回九州ソーシャルビジネスフォーラム」がスタート。100人以上集まっていて熱気ムンムン。第二回のフォーラムに初参加して以来、欠かさず参加している。3回目と4回目ではプレゼンテーションをさせてもらった。この場で多くのつながりだできて仲間ができた。今年は誕生日の翌日で寝不足&二日酔いだが何とか会場
にたどり着いた。

高野誠鮮氏:(元石川県羽咋市(人口22000人)スーパー公務員、現在総務省地域創造アドバイザー)
村上 進氏:阿蘇いちご畑 有限会社木之内農園 代表取締役社長 
石田 達也 氏:NPO法人宮崎文化本舗 代表理事
桃原 祥文氏:長崎タウンマネジメント株式会社 代表取締役 
内田直志氏:みやこ舎 代表(第31期松下政経塾卒)
五十嵐剛志氏:PwCあらた有限責任法人 公認会計士
不破真理子氏 認定NPO法人Teach For Japan 九州地区統括兼教師マネージャー リージョナルディレクター兼プログラムマネージャー
など今回もそうそうたるメンバーが講演やプレゼンを行う。

集まってくる人は社会貢献を実践している人と興味のある人。僕は一番後ろに陣取ってバンベン商品を並べて話を聞く。
休憩時間が勝負時。隣には南阿蘇木之内農園さんのブースが。今回は熊本復興支援もテーマになっているのでそちらにどんどん人が流れる。僕もイチゴジャムを買って復興支援。

しかしバンベンもしっかり売り込まなければならない。「木になる塩」「これ一本」「大草原のはみがきこ」「ラーモン」を販売しながら「塩を売って緑を買う男」をアピール。「これ一本」は熊本の食品加工会社に製造を依頼しているので復興支援にもつながる。やはりこれがどんどん売れる。
あとは「大草原のはみがきこ」。リピーターの評判がいい。ヒットの予感。
17時半。フォーラムが終わるころには見事完売。ソーシャルビジネス実践者の話をこれでもかと聞くとこができ、バンベン事業もアピールでき、つながれる。

18時から近くの居酒屋で懇親会。初対面でも社会貢献をネタに気楽に語らえる。居心地のいい時間。あっという間の2時間。ふらふらになりながら家にたどり着いた。

そして家飲み。いろんな人の話を聞きまくったのでちびちびビールを飲みながら反芻する。そして電池切れ。誕生日から続く長い長い2日間が終わった。

| イベント、催事 | 04:49 PM | comments (0) |
comments (0)






ページ上部へ ↑

カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
新しい投稿
コメント
カテゴリー
過去の投稿
その他